2004.04.14

トリインフルエンザ カラスとドバトの感染調査で、京都、大阪の6例除きすべて陰性

 環境省と農林水産省は全国の都道府県に依頼して全国のカラス、ドバトにおけるトリインフルエンザの感染状況調査を実施しており、3月30日から捕獲個体のウイルス検査結果の途中経過を連日、発表している。4月12日現在の累計捕獲・検査数は、カラス267羽、ドバト179羽にのぼるが、これまでのところ陽性例はない。この調査は、環境省と農水省が3月16日付けで各都道府県に依頼して実施しているもの。4月16日までに報告があった分について最終報告としてまとめる予定だ。

 両省では、本調査以前に各都道府県が独自に実施した結果についても既に発表している。3月22日までに報告があった分の集計結果によると、ウイルス分離検査2040件、簡易キットによる検査9052件が実施されており、ウイルス分離検査1687件、簡易キット検査8987件の結果が判明している。陽性だったのは京都府と大阪府で発見された計6件だけで、ほかはすべて陰性だった。

 4月12日時点の調査結果については、こちらを参照。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 78歳女性。腹部の線状紅斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 体重増加前に心不全増悪の予兆をどう察知する? 特集◎あなたが防ぐ急性増悪《心不全》 FBシェア数:77
  3. 胸腔ドレーン挿入の理想と現実 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:78
  4. 24歳女性。全身の皮疹、発熱 日経メディクイズ●初期診療 FBシェア数:0
  5. あなたのお金、働き者にさせませんか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:27
  6. 腎機能の検査の遅れが透析導入や死亡早めた 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:45
  7. 「めまいの原因は何?」澄んだ心で耳を傾けよう 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:33
  8. 新規オピオイド製剤の注射薬、経口薬に続き登場 最新DIピックアップ FBシェア数:103
  9. 自治体の権限強化で医師の地域偏在は解消するか リポート◎医師偏在対策に向けた医師法・医療法改正案が成立へ FBシェア数:52
  10. ミッション:高齢患者の救急搬送を回避せよ 特集◎あなたが防ぐ急性増悪《プロローグ》 FBシェア数:190
医師と医学研究者におすすめの英文校正