2004.04.14

ドラッグストアの倒産が大型化、1件当たり負債額は3億円超に

 帝国データバンクは4月14日、「医薬品小売業者の倒産動向調査」を公表した。それによると2003年度のドラッグストアの倒産は62件で負債総額は約215億円。件数は1995年度以降、1999年度の61件の次に少ないが、負債総額は1997年度の約246億円に次いで多かった。その結果、1件当たりの負債額は95年度以降の9年間で最多の約3億4700万円となった。

 2003年度に倒産が大型化した背景には、愛知県や群馬県で、負債額40億〜50億円の地場のドップクラスのドラッグストアの倒産が発生したことがある。

 また、ドラッグストアが増加する90年代に入って設立された業歴15年未満の企業の倒産が、全体の半数近くを占めている点も特徴的だ。倒産の要因としては、販売不振が全体の約8割を占めている。

 ドラッグストア業界では、イオン・ウエルシア・ストアーズやマツモトキヨシなど大手によるグループ化と出店ラッシュが続いている。競争の激化とそれに伴う値引き競争などにより、資本力に劣る中小の中から行き詰まるところが出てきているわけだ。出店ラッシュはしばらくやみそうもないことから、今後も地場の中堅クラスのドラッグストアの倒産が発生する可能性が高い。
(井上俊明、日経ヘルスケア21

■近刊紹介■
◇「競合時代を勝ち抜くための診療所開業マニュアル」

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:104
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:411
  5. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1757
  6. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:314
  8. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:65
  9. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:7