2004.04.13

トリインフルエンザ、国内流行株とタイ流行株は「遠縁」

 茨城県つくば市の動物衛生研究所における解析の結果、今年1〜3月に国内各地で流行した高病原性トリインフルエンザのH5N1ウイルスは、12人の感染とうち8人の死亡が確認されたタイで流行したH5N1ウイルス株とは一致度が低いことが明らかになった。4月に入って開催された農林水産省の家きん疾病小委員会で、動物衛生研究所感染病研究部長の山口成夫氏が報告した。

 報告によると、タイから送られたH5N1トリインフルエンザウイルス3株について、国内で分離されたウイルスと比較したところ、A型インフルエンザウイルスに特有の8分節構造において、ゲノム複製に関与するPA分節は94%と低い相同性だった。

 ほかの分節における相同性はほとんどが97〜98%で、1分節だけが99%だったという。

 同小委員会では、国内の山口県、大分県、京都府で発生した流行で分離されたウイルス株は互いに近縁であり、韓国で2003年12月に発生した流行で分離されたウイルス株とも近縁であることが報告されている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172