2004.04.13

トリインフルエンザ、国内流行株とタイ流行株は「遠縁」

 茨城県つくば市の動物衛生研究所における解析の結果、今年1〜3月に国内各地で流行した高病原性トリインフルエンザのH5N1ウイルスは、12人の感染とうち8人の死亡が確認されたタイで流行したH5N1ウイルス株とは一致度が低いことが明らかになった。4月に入って開催された農林水産省の家きん疾病小委員会で、動物衛生研究所感染病研究部長の山口成夫氏が報告した。

 報告によると、タイから送られたH5N1トリインフルエンザウイルス3株について、国内で分離されたウイルスと比較したところ、A型インフルエンザウイルスに特有の8分節構造において、ゲノム複製に関与するPA分節は94%と低い相同性だった。

 ほかの分節における相同性はほとんどが97〜98%で、1分節だけが99%だったという。

 同小委員会では、国内の山口県、大分県、京都府で発生した流行で分離されたウイルス株は互いに近縁であり、韓国で2003年12月に発生した流行で分離されたウイルス株とも近縁であることが報告されている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132