2004.04.13

トリインフルエンザ、国内流行株とタイ流行株は「遠縁」

 茨城県つくば市の動物衛生研究所における解析の結果、今年1〜3月に国内各地で流行した高病原性トリインフルエンザのH5N1ウイルスは、12人の感染とうち8人の死亡が確認されたタイで流行したH5N1ウイルス株とは一致度が低いことが明らかになった。4月に入って開催された農林水産省の家きん疾病小委員会で、動物衛生研究所感染病研究部長の山口成夫氏が報告した。

 報告によると、タイから送られたH5N1トリインフルエンザウイルス3株について、国内で分離されたウイルスと比較したところ、A型インフルエンザウイルスに特有の8分節構造において、ゲノム複製に関与するPA分節は94%と低い相同性だった。

 ほかの分節における相同性はほとんどが97〜98%で、1分節だけが99%だったという。

 同小委員会では、国内の山口県、大分県、京都府で発生した流行で分離されたウイルス株は互いに近縁であり、韓国で2003年12月に発生した流行で分離されたウイルス株とも近縁であることが報告されている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:87
  2. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:148
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:56
  4. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:180
  5. 働き方改革の「緊急的取り組み」今月中に通知へ シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:91
  6. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:77
  7. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:211
  8. 持効型インスリン:デグルデクがシェア伸ばす NMO処方サーベイ FBシェア数:36
  9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:64
  10. 約2000万人の未診断者が課題 特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正