2004.04.13

【ACC2004:循環器治療の最新動向に関する調査】No.3 今後注目すべき循環器疾患、「本態性高血圧」が66.3%でトップ



 MedWaveは、米国心臓学会(ACC2004)を機に「循環器治療の最新動向に関する調査」を実施した。その続報を報告する。

 調査では、今後注目すべき循環器疾患は何なのか、ALLHATの発表後に降圧薬の処方動向は変化したのか、循環器疾患の診療に携わる医師が関心を持っているテーマは何なのか、などを尋ねた。

 今後注目すべき循環器疾患を挙げてもらったところ、「本態性高血圧」が66.3%でトップだった(上の図)。

 2位は「急性心筋梗塞」(61.5%)、3位は「脳梗塞」(59.6%)だった。「狭心症」と「不整脈」も50.0%で半数に達していた。

 参考までに、2年前の同様の調査では、「急性心筋梗塞」が1位で、「心不全」と「動脈硬化」が同率2位だった。「本態性高血圧」は60%(回答者数50)で同率4位。調査の規模など違いがあるのでいちがいには言えないが、この2年間で医師の注目度が大幅にアップしたことになる。 

 もっとも注目すべき循環器疾患を尋ねた結果では、やはり「本態性高血圧」が29.8%とトップだった(下の図)。

 2位は「動脈硬化」で23.1%。3位は「急性心筋梗塞」で19.2%だった。

 2年前の調査結果では、「動脈硬化」がトップ。「心不全」が2位、「急性心筋梗塞」が3位だった。「本態性高血圧」は14%で4位(回答者数50)だった。
 


 調査は、MedWaveの会員医師にアンケートへの協力を呼びかけ、3月8日から22日までに104人の協力が得られた。回答者のプロフィールは表の通り(お忙しい中、調査にご協力いただきましてありがとうございました)。
(三和護)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:8
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  3. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:100
  4. その消化管出血、本当に抗血栓薬が原因ですか? 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:146
  5. “不思議ちゃん”看護師が職場にいたら うさコメント! FBシェア数:0
  6. DAPT併用にはワルファリンよりNOACが安全 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:4
  7. すっぴん出勤の理由 病院珍百景 FBシェア数:1
  8. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:123
  9. 幼少期の愛情剥奪は長期的な悪影響を及ぼす Lancet誌から FBシェア数:99
  10. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急