2004.04.13

最高裁が上告棄却、元院長の有罪が確定 都立広尾病院の点滴ミス事件

 4月13日午前10時半、最高裁第三小法廷(濱田邦夫裁判長)で、医師法21条違反、虚偽有印公文書作成・同行使に問われた、都立広尾病院の元院長の岡井清士被告の判決があり、同被告の上告が棄却された。

 高裁では、懲役1年、執行猶予3年、罰金2万円が言い渡されていた。

 判決理由として、1.医師法21条は死体を検案して異状が認められる場合、自己が診療していたか否かを問わず、届け出る必要がある、2.この届け出は、自らが業務上過失致死罪などの罪に問われる可能性がある場合でも必要であり、医師という資格の特質などを鑑みると、これは憲法38条の「何人も、自己に不利益な供述を強要されない」に違反するものではない−−などを挙げた。

 都立広尾病院の事件は、1999年2月、看護師が消毒液を点滴薬と勘違いして、誤投薬した事件。警察への届け出は、患者の死亡後11日目と遅れた。

 点滴ミスをした看護師ら二人は業務上過失致死罪で有罪(懲役1年執行猶予3年、懲役8カ月執行猶予3年)、当時の主治医も略式起訴で罰金刑(2万円)が確定している。
(橋本佳子、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 37歳男性の後頸部痛、見逃しNGの疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  2. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:226
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:95
  4. 癒し系ドクターの裏の顔 病院珍百景 FBシェア数:56
  5. <胸痛>後に持続する心窩部圧迫感をどう診る? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:41
  6. お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:49
  7. 専門医機構の内部資料が流出 ニュース追跡◎新専門医制度の持続のために必要なことは何だ? FBシェア数:255
  8. 職員の腕にタトゥー、報告を受けた院長の狼狽 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:102
  9. 心不全=利尿薬はもう古い!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:264
  10. 究極の問題? 患者の「死にたい」への対応法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:126
医師と医学研究者におすすめの英文校正