2004.04.13

【インフルエンザ速報】 京都、トリインフルエンザに伴う移動制限などすべて解除、大きな教訓残す

 京都府は4月13日午前0時に山田啓二府知事が記者会見を行い、同時刻をもって、高病原性トリインフルエンザの発生に伴う移動制限などがすべて解除されたことを宣言した。これによって鶏卵、鶏肉などの出荷が従来どおり再開されることになる。

 2月26日夜分の匿名電話に端を発したトリインフルエンザ流行は“事件”としては一応幕を閉じることになる。しかし、大阪府、兵庫県をはじめとする鶏卵や生鳥、鶏肉などの出荷先はもとより、流通、消費者、保健医療、教育の現場に与えた被害や影響は計り知れない大きさになった。

 京都府では、4月12日現在で402トン、600万個以上の鶏卵を保管しており、焼却処分を続けている。

 京都府の流行では、養鶏場の経営者の不作為や虚偽通報が被害を大きくした可能性があり、本来なら最大の損害を蒙った被害者が流行拡大の加害者としての責任を追及されるという異例の事態になった。当の経営者自身とはいえ、尊い人命も失われている。

 今後、法改正を含め、さまざまな対策が予定されているが、感染症対策における防疫の責任という点で、今回の流行は大きな被害と教訓を残すことになった。

 京都府のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449