2004.04.13

【インフルエンザ速報】 京都、トリインフルエンザに伴う移動制限などすべて解除、大きな教訓残す

 京都府は4月13日午前0時に山田啓二府知事が記者会見を行い、同時刻をもって、高病原性トリインフルエンザの発生に伴う移動制限などがすべて解除されたことを宣言した。これによって鶏卵、鶏肉などの出荷が従来どおり再開されることになる。

 2月26日夜分の匿名電話に端を発したトリインフルエンザ流行は“事件”としては一応幕を閉じることになる。しかし、大阪府、兵庫県をはじめとする鶏卵や生鳥、鶏肉などの出荷先はもとより、流通、消費者、保健医療、教育の現場に与えた被害や影響は計り知れない大きさになった。

 京都府では、4月12日現在で402トン、600万個以上の鶏卵を保管しており、焼却処分を続けている。

 京都府の流行では、養鶏場の経営者の不作為や虚偽通報が被害を大きくした可能性があり、本来なら最大の損害を蒙った被害者が流行拡大の加害者としての責任を追及されるという異例の事態になった。当の経営者自身とはいえ、尊い人命も失われている。

 今後、法改正を含め、さまざまな対策が予定されているが、感染症対策における防疫の責任という点で、今回の流行は大きな被害と教訓を残すことになった。

 京都府のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:177
  2. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:10
  4. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:145
  5. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:34
  6. 塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:250
  7. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:27
  8. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 抗菌薬使用最適化にクリニカルパス見直しが効く 事例研究◎院内で活躍する感染制御部 FBシェア数:94
  10. 皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇 NEJM誌から FBシェア数:2