2004.04.10

【連載:がんの治療成績を読む】

*パート4では、読者からの声もご紹介したいと考えています。これまでの連載(バックナンバー目次は以下)を読まれたご意見、ご感想をお送りください。すべてをご紹介することはできませんが、引用させていただいたり、参考にさせていただきつつ、連載を続けたいと考えています。

ご意見、ご批判は、こちらの画面からどうぞ

◆2004.3.1 その1
連載に当たって(はじめに)
治療成績を開示する元年に、施設間格差の解消に向けて


◆2004.3.1 その2
パート1
地域がん診療拠点病院、ホームページでの開示状況
まちまち、ばらばらの開示度合い、患者に優しい「疾病、病期表示」を


◆ 2004.3.2 その3
がん拠点病院の治療成績(肺がん編)
肺がんの5年生存率、施設格差を示唆


◆ 2004.3.2 その4
がん拠点病院の治療成績(胃がん編)
胃がんの5年生存率、II期、III期に格差大


◆ 2004.3.3 その5
がん拠点病院の治療成績(大腸がん編)
大腸がんの5年生存率、結腸、直腸の個別開示が重要


◆ 2004.3.3 その6
がん拠点病院の治療成績(乳がん編)
乳がんの5年生存率、5年と10年の生存率が必要に


◆ 2004.3.4 その7
がん拠点病院の治療成績(肝がん編)
肝がんの5年生存率、治療法別の生存率が重要


◆ 2004.3.5 その8
パート2
全国がん(成人病)センター協議会加盟施設の治療成績
がんセンターと併設病院に格差、診療技術と患者背景の区別必要


◆ 2004.3.5 その9
推定喪失患者数
もしすべてが優良施設なら、「2万人中187人」が救命されたはず


◆ 2004.3.8 その10
初公開! 主要23施設の5年生存率
生存率に36.5%の格差、尺度となる「期待生存率」必要


◆ 2004.3.9 その11
初公開! 主要23施設の1〜5年生存率推移
1年目の成績格差が5年目にさらに拡大、低い施設はますます下がる


◆ 2004.3.10 その12
推定喪失患者数(試算2)
もしすべてが優良施設なら年6500人が救命されたはず


◆ 2004.3.15 その13
「同疾病・同病期」比較でも、施設群格差は存在
3期、4期に大きな生存率の違い


◆ 2004.3.15 その14
症例増加数、成績と明確な相関は見られず

◆ 2004.3.17 その15
パート3 
米国のがん治療成績開示方法から
疾病、施設群、病期、州別に生存率を開示
インターネットから自在に検索が可能


◆ 2004.3.18 その16
米国血液がん:非血縁者間・造血細胞移植成績
施設別に生存率と評価を開示、患者背景から「期待生存率」を科学的に計算


◆ 2004.3.19 その17
各施設が疾病、病期別に症例数と生存数を開示
生存率の読み方を患者向けに説明


◆ 2004.3.30 その18
大阪府のがん生存率開示(1)
施設別、種類別、進行度別に開示 大腸がんでは42.2ポイントの施設格差


◆ 2004.4.1 その19
大阪府のがん生存率開示(2)
進行度別分析でも大きな施設格差、がんワースト地域の危機感が前向き開示生む


◆ 2004.4.9 その20
大阪府のがん生存率開示(3)
「均てん化」で年間3万5000人の救出可能性


◆ 2004.4.14 連載:がんの治療成績を読む】 その21
パート4「がん生存率開示の問題点と将来像」
勝手な表示方法が横行、ルール決めが急務

◆ 2004.5.11 連載:がんの治療成績を読む】No.22
「日経メディカル」5月10日号 「トレンドビュー」より
30年遅れで「がん登録」始動
生存率格差の解消目指し、世界の常識導入


◆ 2004.5.21 連載:がんの治療成績を読む】その23
全がん協施設の「施設別・病期別5年生存率」
肺がん4期、胃がん2、3、4期など顕著な格差 来年からは施設名を開示して公表へ


◆ 2004.7.30 連載:がんの治療成績を読む】その24
読者からの反応:医療関係者編、リスク調整済データ開示がカギに

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:159
  4. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:52
  5. 「学会の指針を転載したら金を払え」は正当か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:127
  6. その図表、そんなタイトルじゃ伝わりませんよ 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:37
  7. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:138
  8. 病理、リハビリテーション科、臨床検査の研修プログ… Cadetto Special●新専門医制度、各科の動向 FBシェア数:24
  9. 慢性的な膝の痛みに効く漢方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」 FBシェア数:19
  10. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:169
医師と医学研究者におすすめの英文校正