2004.04.09

FDA、CDCらが食中毒に関する医療従事者と患者向けガイドを刷新

 米国食品医薬品局(FDA)や米国疾病対策センター(CDC)、米国医師会(AMA)などは4月7日、食中毒の診断と治療法などに関する指針、「Diagnosis and Management of Foodborne Illness: A Primer for Physicians and Other Health Care Professionals」を刷新した。医師や看護師向けのガイドのほか、患者向け食中毒予防のポイントなども盛り込んでいる。

 同ガイドでは、食中毒の原因となる細菌やウイルス、寄生虫などの種類別に、潜伏期間、症状と兆候、症状の現れる期間、原因となり得る食べ物、診断のための検査や治療法について、わかりやすく示している。また、抗生物質耐性のサルモネラ症やボツリヌス中毒、O157:H7大腸菌への感染、A型肝炎などについては、典型的な症例を紹介し、その症状から見極めるべき他の疾患と、そのために患者から得るべき情報などを列記した、ケーススタディ型の診断・治療ツールも提供している。

 なお、同ガイドブックによると、米国では食中毒で病気になる人は年間約7600万人、そのうち約30万人超が入院し、約5000人が死亡するとしている。また、食べ物に起因する死亡の75%以上が、サルモネラやリステリア、トキソプラズマのいずれかが原因だという。

 同ガイドは、AMAのホームページからダウンロードすることができる。詳しくは、FDAらのニュース・リリース、または同ガイドまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0