2004.04.09

FDA、CDCらが食中毒に関する医療従事者と患者向けガイドを刷新

 米国食品医薬品局(FDA)や米国疾病対策センター(CDC)、米国医師会(AMA)などは4月7日、食中毒の診断と治療法などに関する指針、「Diagnosis and Management of Foodborne Illness: A Primer for Physicians and Other Health Care Professionals」を刷新した。医師や看護師向けのガイドのほか、患者向け食中毒予防のポイントなども盛り込んでいる。

 同ガイドでは、食中毒の原因となる細菌やウイルス、寄生虫などの種類別に、潜伏期間、症状と兆候、症状の現れる期間、原因となり得る食べ物、診断のための検査や治療法について、わかりやすく示している。また、抗生物質耐性のサルモネラ症やボツリヌス中毒、O157:H7大腸菌への感染、A型肝炎などについては、典型的な症例を紹介し、その症状から見極めるべき他の疾患と、そのために患者から得るべき情報などを列記した、ケーススタディ型の診断・治療ツールも提供している。

 なお、同ガイドブックによると、米国では食中毒で病気になる人は年間約7600万人、そのうち約30万人超が入院し、約5000人が死亡するとしている。また、食べ物に起因する死亡の75%以上が、サルモネラやリステリア、トキソプラズマのいずれかが原因だという。

 同ガイドは、AMAのホームページからダウンロードすることができる。詳しくは、FDAらのニュース・リリース、または同ガイドまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127