2004.04.09

インドネシアのデング熱、患者数5万人超、死亡603人に

 世界保健機関(WHO)は4月8日、今年に入って猛威をふるっているインドネシアのデング熱の流行で、4月4日までに累計患者数が5万2013人、死亡者数が603人に達したと発表した。患者数は例年の2倍にのぼり、これまでにない大きな流行になった。最も流行の被害が大きかったのは、インドネシアの人口2億1200万人の半数以上が暮らすジャワ島で、なかでも首都ジャカルタでは、全患者数の3分の1以上が発生した。ジャカルタやバリなど主な地域での流行は峠を越えたが、コタ市など、まだ患者数が増加している地域もある。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. あまりフレンドリーな医療者にならないようにしてい… 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:207
  2. 3歳女児。掌蹠に痒みを伴う多発性の水疱・膿疱 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:1
  3. 85歳女性、心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 医師の「肩書き」がモノを言うとき 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:110
  5. 「あれもイヤ、これもイヤ」にどう対応? うさコメント! FBシェア数:27
  6. ARB利尿薬配合剤と併用しない方がよい薬 医師のための薬の時間 FBシェア数:4
  7. 49歳男性。発熱 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  8. 凝固因子2つに結合する抗体が血友病治療に革命 奈良県立医科大学小児科学教室教授の嶋緑倫氏に聞く FBシェア数:23
  9. 糖尿病患者に癌の発症が多いワケ 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:216
  10. 美人尼の介護を受けた晩年の良寛 病と歴史への招待 FBシェア数:15
医師と医学研究者におすすめの英文校正