2004.04.09

インドネシアのデング熱、患者数5万人超、死亡603人に

 世界保健機関(WHO)は4月8日、今年に入って猛威をふるっているインドネシアのデング熱の流行で、4月4日までに累計患者数が5万2013人、死亡者数が603人に達したと発表した。患者数は例年の2倍にのぼり、これまでにない大きな流行になった。最も流行の被害が大きかったのは、インドネシアの人口2億1200万人の半数以上が暮らすジャワ島で、なかでも首都ジャカルタでは、全患者数の3分の1以上が発生した。ジャカルタやバリなど主な地域での流行は峠を越えたが、コタ市など、まだ患者数が増加している地域もある。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:45
  2. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:49
  3. 死亡診断「肺炎」の7割が直接の死因は衰弱や老衰 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:119
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  5. 高齢者肺炎の嚥下機能を簡単に評価できるスケール開… 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:143
  6. 「施設」ってこんなに種類があるの!? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:50
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 3点だけ押さえたい、新研修医・ナースへの接し方 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:6
  9. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:30
  10. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1