2004.04.08

日本小児科学会が緊急提言 「乳幼児のテレビ・ビデオ長時間視聴は危険です」

 日本小児科学会はこのほど、「乳幼児のテレビ・ビデオ長時間視聴は危険です」と題する緊急提言を行った。同学会こどもの生活環境改善委員会が実施した調査の結果、1.長時間視聴は1歳6カ月時点の意味のある言葉(有意語)の出現の遅れと関係がある、2.特に日常やテレビ視聴時に親子の会話が少ない家庭の長時間視聴児で有意語出現が遅れる率が高い、3.このようなテレビの影響にほとんどの親が気づいていない−−などが明らかになったためだ。

 同委員会は2003年に、乳幼児のテレビ視聴の発達への影響を検討するため、3地域(首都、中核市、農村地区)の1歳6カ月健診対象児について調査を行った。

 無記名方式による質問紙調査で、回答が得られた17カ月から19カ月児1900人について解析した(回収率は地域で異なる。平均75.2%)。

 視聴時間別に運動、社会性、言語の発達状況を調べたところ、1日4時間以上の子ども(長時間視聴児)で、4時間未満の子どもに比べ有意語出現の遅れの割合が1.3倍という高率で見られた。

 また、子どもの近くでテレビが8時間以上ついている家庭(長時間視聴家庭)で4時間以上視聴している子どもと、子どもの近くでテレビが8時間未満ついている家庭(短時間視聴家庭)で4時間未満視聴している子どもを比べたところ、有意語出現の遅れの率は、前者が後者の2倍と高かった(図)。

 調査では、子どもがテレビを視聴しているときに親がどのように関わっているかで運動や社会性、言語の発達状況に違いがあるのかも調べている。

 その結果、テレビを見ながら親が一緒になって歌ったり内容について語りあったりする家庭では、子どもの視聴時の反応(たとえばテレビの視聴時に「にこっと笑って親の顔を見る」「指さして質問する」など)が活発だったという。しかし、テレビの視聴時に親が関わっていても、長時間視聴する子どもの場合は、有意語出現が遅れる率が高かった。

 視聴時の親の関わりが少なく、かつ長時間視聴する子どもの場合は、視聴時に親の関わりがあり、かつ視聴時間が短い子どもの場合より、有意語出現が遅れる率が2.7倍と著しく高かった。この両群の比較では、言語理解や社会性、運動能力にも遅れが見られたという。

 これらの結果を元に、同学会では以下のような提言をまとめている。

提言
1.2歳以下の子どもには、テレビ・ビデオを長時間見せないようにしましょう。内容や見方によらず、長時間視聴児は言語発達が遅れる危険性が高まります。
2.テレビはつけっぱなしにせず、見たら消しましょう。
3.乳幼児にテレビ・ビデオを一人で見せないようにしましょう。見せるときは親も一緒に歌ったり、子どもの問いかけに応えることが大切です。
4.授乳中や食事中はテレビをつけないようにしましょう。
5.乳幼児にもテレビの適切な使い方を身につけさせましょう。見おわったら消すこと.ビデオは続けて反復視聴しないこと。
6.子ども部屋にはテレビ・ビデオを置かないようにしましょう。

 今回の提言は、日本小児科学会のホームページに掲載されている。ホームページはこちらから。(三和護)

■ 参考トピックス ■
◆子どもたちへ、健康に悪いからテレビばかり見ないで (2004.3.30)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:225
  3. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:150
  4. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:117
  5. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:76
  6. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:78
  7. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:65
  8. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:140
  9. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:252
  10. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正