2004.04.07

WHO、カナダのH7ウイルスのヒト感染で国際警戒基準を「フェーズ0レベル2」に上げる

 世界保健機関(WHO)は4月5日、カナダ保健省からBrithish Columbia州において、養鶏関連の労働者2人(いずれも男性)がトリインフルエンザウイルス(H7型)に感染したという報告があったと発表した。WHOはこの報告をもとに、カナダのトリインフルエンザ流行に関する国際インフルエンザ流行警戒基準を「フェーズ0レベル1」から「フェーズ0レベル2」に上げたことを明らかにした。

 WHOの発表によると、Brithish Columbia州における1人目の感染は、3月13日と14日に感染した鶏の殺処分を行っていた際、13日に偶然眼からウイルスが入り、感染したとみられる。この労働者は16日に結膜炎と鼻水の症状を訴えたため、18日からオセルタミビルの投与を受けた。カナダ保健省は3月30日になってこの症例をH7感染と認め、31日にWHOに報告した。2人目の男性も感染した鶏との密接な接触があり、3月25日に結膜炎を訴え、同日からオセルタミビルの投与を受けた。2人とも完全に回復したという。

 WHOが警戒基準を引き上げたことにより、カナダは前流行期にあると見なされ、感染の危険が高い養鶏関係者などに対するサーベイランスや防護衣の着用、抗ウイルス薬や通常のヒト用インフルエンザワクチンの使用などを検討するよう勧奨される。カナダ保健省も同日、WHOの勧奨を受け入れて対応を進めることを表明した。

 本件に関するWHOのプレスリリースはこちら、カナダ保健省のアナウンスメントはこちらを参照。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48