2004.04.06

規制改革論議、第2ラウンドへ 「規制改革・民間開放推進会議」発足へ

 最近、医療分野ではややパワーダウン気味だった規制改革の論議だが、この4月から内閣府の「総合規制改革会議」が「規制改革・民間開放推進会議」へとモデルチェンジをし、論議が再びヒートアップしそうだ。

 総合規制改革会議はこの3月末で設置期限が切れ、4月から新たな後続組織として「規制改革・民間開放推進会議」が内閣府に設置される。関係閣僚などで構成する「規制改革・民間開放推進本部」と連携し、より強力に規制改革を推し進めるのが目的。同会議は13人以内の民間有識者で構成、議長には総合規制改革会議議長を務めた宮内義彦オリックス会長が再び起用される。

 政府は3月19日に2004年度から2006年度までに取り組む規制改革の指針を示した「規制改革・民間開放推進3か年計画」を閣議決定しているが、株式会社の医療機関経営や、混合診療の解禁などお決まりの項目が並んだこの指針が、同会議の当面の“宿題”となる。

 同会議と戦うことになる厚生労働省と日本医師会だが、日医が新体制となり、厚労省との関係構築もこれからであることを考えると、規制改革派が、この時をチャンスとばかりに一気に攻勢をかける可能性もある。
(千田敏之、日経ヘルスケア21

■近刊紹介■
◇「競合時代を勝ち抜くための診療所開業マニュアル」

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:127
  2. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:64
  3. CT読影レポートの見落し、どうすれば防げる? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:62
  4. 55歳女性。両眼瞼の掻痒、発赤腫脹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:38
  6. 新しい外来診察室で働き方が変わる ケーススタディ◎グッドデザイン賞を受賞した「ユニバーサル外来」 FBシェア数:7
  7. 50代男性「肺炎が治らない」で注意すべきは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  8. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:129
  9. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正