2004.04.06

東大病院が大胆に変身 医局制度廃止やプライマリケア重視の臨床研修も

 この4月からの国立大学の法人化や新臨床研修制度を機に、東京大学医学部付属病院では大胆な改革が始まった。積極的に変身する東大の姿勢に、内外からの注目が集まっている。

 永井良三・同病院長が自ら言う“ラディカル”な組織改革は、病院長と副院長など病院幹部を構成メンバーとする「執行部」の設置や科長の1年任期制、医局制度の廃止などの内容。従来は科長(多くは医学部の教授)の意向が強く反映されていた病院運営を変え、病院長のリーダーシップを発揮しやすくし、迅速な意思決定ができる運営体制を目指したという。

 また、昨年の卒後臨床研修マッチングで予想以上に学生の臨床研修病院志向が強かったことを踏まえ、プライマリケア教育の充実を図るため、内科系診療科の「混合病棟化」を進める。様々な内科患者を短期間で経験できるようにするのが狙い。そのほか、予防医学への事業展開や産学連携の拠点として、2年後に「22世紀医療センター(仮称)」を開設する計画などもある。

 しかし、一連の改革に対して、東大病院の現場の医師からは、「幅広く手を広げすぎることで、すべてが“二流”に終わるのでは」といった懸念や批判の声も上がっている。臨床、研究、教育のすべての分野での“覇権”維持を目指す東大病院の改革は、果たして成功するのか−−。

(詳細は『日経メディカル』4月号=4月10日発行=特集「“国営”大学病院 変身への苦闘」をご覧ください)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:16
  3. 実態と乖離、ずさんな開業計画書に要注意 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  4. 患者を「監視」していないか? 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:42
  5. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:136
  6. 医師への時間外労働規制の適用は5年後に 政府が「働き方改革実行計画」を決定 FBシェア数:131
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:70
  8. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  9. アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:80
  10. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:335