2004.04.06

東大病院が大胆に変身 医局制度廃止やプライマリケア重視の臨床研修も

 この4月からの国立大学の法人化や新臨床研修制度を機に、東京大学医学部付属病院では大胆な改革が始まった。積極的に変身する東大の姿勢に、内外からの注目が集まっている。

 永井良三・同病院長が自ら言う“ラディカル”な組織改革は、病院長と副院長など病院幹部を構成メンバーとする「執行部」の設置や科長の1年任期制、医局制度の廃止などの内容。従来は科長(多くは医学部の教授)の意向が強く反映されていた病院運営を変え、病院長のリーダーシップを発揮しやすくし、迅速な意思決定ができる運営体制を目指したという。

 また、昨年の卒後臨床研修マッチングで予想以上に学生の臨床研修病院志向が強かったことを踏まえ、プライマリケア教育の充実を図るため、内科系診療科の「混合病棟化」を進める。様々な内科患者を短期間で経験できるようにするのが狙い。そのほか、予防医学への事業展開や産学連携の拠点として、2年後に「22世紀医療センター(仮称)」を開設する計画などもある。

 しかし、一連の改革に対して、東大病院の現場の医師からは、「幅広く手を広げすぎることで、すべてが“二流”に終わるのでは」といった懸念や批判の声も上がっている。臨床、研究、教育のすべての分野での“覇権”維持を目指す東大病院の改革は、果たして成功するのか−−。

(詳細は『日経メディカル』4月号=4月10日発行=特集「“国営”大学病院 変身への苦闘」をご覧ください)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:315
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1041
  3. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:134
  4. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:414
  5. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:274
  6. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:249
  7. なんで医師が投資をしちゃいけないの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:63
  8. 病院が介護施設へ転換…でも「肩書は院長です」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:53
  9. 経口鉄剤:7割以上がフェロミアを支持 NMO処方サーベイ FBシェア数:1
  10. 高齢患者を救うDr.SUPERMAN リポート◎隠れた機能障害や生活上の問題点を拾い出す FBシェア数:44