2004.04.06

東大病院が大胆に変身 医局制度廃止やプライマリケア重視の臨床研修も

 この4月からの国立大学の法人化や新臨床研修制度を機に、東京大学医学部付属病院では大胆な改革が始まった。積極的に変身する東大の姿勢に、内外からの注目が集まっている。

 永井良三・同病院長が自ら言う“ラディカル”な組織改革は、病院長と副院長など病院幹部を構成メンバーとする「執行部」の設置や科長の1年任期制、医局制度の廃止などの内容。従来は科長(多くは医学部の教授)の意向が強く反映されていた病院運営を変え、病院長のリーダーシップを発揮しやすくし、迅速な意思決定ができる運営体制を目指したという。

 また、昨年の卒後臨床研修マッチングで予想以上に学生の臨床研修病院志向が強かったことを踏まえ、プライマリケア教育の充実を図るため、内科系診療科の「混合病棟化」を進める。様々な内科患者を短期間で経験できるようにするのが狙い。そのほか、予防医学への事業展開や産学連携の拠点として、2年後に「22世紀医療センター(仮称)」を開設する計画などもある。

 しかし、一連の改革に対して、東大病院の現場の医師からは、「幅広く手を広げすぎることで、すべてが“二流”に終わるのでは」といった懸念や批判の声も上がっている。臨床、研究、教育のすべての分野での“覇権”維持を目指す東大病院の改革は、果たして成功するのか−−。

(詳細は『日経メディカル』4月号=4月10日発行=特集「“国営”大学病院 変身への苦闘」をご覧ください)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127