2004.04.05

日本小児科学会、タミフルの1歳未満投与について近く調査を実施

 日本小児科学会は会員に対し、タミフルドライシロップ(一般名:リン酸オセルタミビル)の1歳未満児への投与について調査することを決めた。まず2003年末から2004年春にかけてのインフルエンザシーズンに投与された症例について後ろ向け調査を実施し、その結果をもとに次期インフルエンザシーズンに前向き調査を行う。後ろ向き調査については、中外製薬が4月中旬頃をめどに実施する。前向き調査は2004年冬季を予定している。

 リン酸オセルタミビルについては、米Roche Laboratories社が実施した動物実験で、1000mg/kgを7日齢の幼若ラットに投与したところ、脳内の薬剤濃度が成体に比べて約1500倍高くなるという結果が得られた。このため同社は今年1月2日、1歳未満の乳児にはタミフルを投与しないよう求めるドクターレターを発信した。日本でタミフルを販売している中外製薬も1歳未満児には使用しないよう、あらためて医療関係者に呼び掛けた。

 こうした動きに対し、日本小児科医会が2月初旬、厚生労働省に1歳未満児への投与についての見解を求める質問状を送ったところ、同省は、米Roche Laboratories社の実験だけでは投与を禁忌とする十分な根拠とはならないが、危険性と効用を十分考慮し、保護者などの同意を得た上で慎重に投与すべきだとするコメントを発表した。今般の小児科学会の調査は、これまでのいきさつに基づき、改めて実態を把握して安全性を検討することにしたものと見られる。

 中外製薬のプレスリリースはこちら(米Roche Laboratories社のドクターレター翻訳を含む)。日本小児科学会のアナウンスメントはこちらを参照。
(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
  2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
  6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
  10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466