2004.04.01

日本医師会、写真・イラストでたばこの危険性訴える警告表示を提唱

 日本医師会は3月30日、同会禁煙推進委員会の報告として、たばこのパッケージに掲載する有害性の警告表示案を発表した。警告表示はパッケージの「主たる表示面」(前面と裏面)の50%以上を占めるようにし、必ず写真やイラストを入れる。警告文は20文字前後の簡潔な文章にし、一目で理解できるようにすべきだとしている。例えば、「喫煙はあなたに肺がんを起こします」として、肺気腫病変がある喫煙者の肺と非喫煙者の肺を写真で対比する案を提示している。

 財務省も国際的な禁煙推進の流れを受けて、2005年7月から警告表示の改定を予定しているが、警告は主表示面の3割以上としているほか、文言が長く、やや読みづらい。妊娠女性に対する警告文面は次のようなものだ。

 「妊娠中の喫煙は、胎児の発育障害や早産の原因の一つとなります。疫学的な推計によると、たばこを吸う妊婦は吸わない妊婦に比べ、低出生体重の危険性が約2倍、早産の危険性が約3倍高くなります。(詳細については、厚生労働省のホーム・ページをご参照ください)」。

 これではかえって警告として訴求力が弱いというのが日本医師会の見解だ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
  2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
  3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
  4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
  5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
  8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
  9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
  10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79