2004.03.31

29日ランキング、「コントロバーシー:心血管系リスクは『モーニングサージ』か『早朝高血圧』か」が2位に

 日本循環器学会速報でどのような記事が読まれたのか調べました。29日に注目されたトップは、「わが国のPCIの現状が明らかに」でした。以下にベスト10を紹介します。「コントロバーシー:心血管系リスクは『モーニングサージ』か『早朝高血圧』か」が2位に入っています。

◆ 2004.3.28 わが国のPCIの現状が明らかに

◆ 2004.3.29 コントロバーシー:心血管系リスクは「モーニングサージ」か「早朝高血圧」か

◆ 2004.3.28 ACE阻害薬で冠動脈疾患例を降圧するとJカーブが現れる?

◆ 2004.3.28 コントロバーシー:低リスク一枝病変にはPCIよりも薬物療法

◆ 2004.3.28 バルサルタンは高血圧患者における血清脂質改善、抗炎症作用、インスリン抵抗性改善作用によって抗動脈硬化を発揮

◆ 2004.3.28 ARBはインスリンを介した糖代謝のみならず、AMPKを介した糖代謝も改善

◆ 2004.3.28 バルサルタンは自律神経改善を通して左室肥大を抑制

◆ 2004.3.28 尿中8-ISOは重症中等症高血圧患者およびバルサルタンによる治療の有用なマーカー

◆ 2004.3.28 バルサルタンは酸化ストレスを抑制し、SHRの冠細小血管における血管内皮機能を改善する

◆ 2004.3.28 第68回日本循環器学会が東京・国際フォーラムで開催中

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97