2004.03.31

バルサルタンはPCI後の再狭窄を抑制−前向き無作為比較試験の成績から

 冠動脈疾患に対する経皮的冠動脈形成術(PCI)の有用性は様々な試験によってエビデンスが確立されているが、再狭窄に関しては議論の分かれるところである。ACE阻害薬、抗血小板薬、スタチンなどによる再狭窄予防試験が行われているが、明確なエビデンスは存在しない。近年、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)が登場し、降圧以外の様々な臓器保護作用が注目されているが、再狭窄予防効果に関しては、Val-PRESTの成績のみである。今学会で、東京慈恵会医科大学の永澤英孝氏(写真)らは、ARBによる再狭窄予防に関する前向き無作為比較試験を行い、バルサルタンによって再狭窄が有意に抑制されることを報告した。

 対象はPCIが成功した連続した145例164病変(除外例:25症例26病変)である。患者はPCI後、無作為にバルサルタン80mg/日投与群(V:n=65例)およびコントロール群(C:n=73例)に割り付けられ、PCI前後、および約6カ月後のQCA所見にて評価された。再狭窄はQCAにて50%以上の狭窄を認めた場合とした。

 その結果、バルサルタンの投与によって有意に再狭窄率が抑制され(V:29.2% vs C:46.6% 、p≦0.05)、相対危険度も0.649と減少した。Loss Indexは有意ではないがバルサルタン投与群で減少傾向を示した。しかし、6カ月後の主治医の判断による再血行再建術施行(TLR)に関しては、両群間で有意差は認められなかった。永澤氏らはAMI患者においてサブ解析を行っているが、バルサルタンによって再狭窄率がより抑制(V:8.3%、C:46.4、p≦0.05)されること、TLRの減少傾向を示している。しかし、AMI症例と狭心症症例の比較では、AMI症例において有意なTLRの減少を認めている(p≦0.05)。

 以上の結果より永澤氏は、再狭窄を有意に抑制したことはバルサルタンの血管リモデリング抑制効果を示唆するものであるとした。また、AMI症例においてより強力な抑制効果が示されたことから、再狭窄の発生機序には多様性があり、病態によって再狭窄予防に対する薬剤の選択も考慮する必要があることを訴えた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  2. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:530
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:253
  4. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:252
  5. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:303
  6. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:151
  8. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:39
  9. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:194
  10. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:154
医師と医学研究者におすすめの英文校正