2004.03.30

【2004年診療報酬改定】 亜急性期管理料の退院患者要件、3カ月通算でクリアなら認める方向

 厚生労働省は2004年診療報酬改定で新設された「亜急性期入院医療管理料」の退院患者の要件について、「一つの例として、在宅等への復帰者が3カ月通算で6割以上であれば算定を認めていきたい」との考えを示した。

 亜急性期入院医療管理料の施設基準では、「退院患者は在宅等への復帰者が6割以上でなければならない」と定められている。だが、算定する病床が少ない病院では、例えば退院患者が月に二人しか出ず、うち一人が自宅に戻らないと6割の基準を下回り、算定要件をクリアできない。この点について、同省保険局医療課では「1カ月の実績だけではなく3カ月の通算でみるなど、一定の条件を満たせば算定を認めていきたい。詳細については後日、Q&Aなどで明らかにする」としている。

 亜急性期入院医療管理料は一般病棟の病室単位で算定する。対象は一般病床の1割以下で、最大40床しか設定できない。100床未満の病院では最大で10床設定できる。

 日経ヘルスケアでは、4月号(4月8日発売)の巻頭特集で、診療報酬改定について詳細に解説した「徹底解剖!2004年診療報酬改定」を掲載しますので、ご参照ください。
(村松謙一、日経ヘルスケア21

■ 関連トピックス ■
◆ 2004.3.24 亜急性期の在宅復帰支援担当者、「病棟業務との兼務は適当ではない」

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:64
  2. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  3. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:296
  4. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:40
  5. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  7. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  8. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:99
  9. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  10. 東広島市の麻疹感染広がる、患者は7人に パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:198