2004.03.30

【2004年診療報酬改定】 亜急性期管理料の退院患者要件、3カ月通算でクリアなら認める方向

 厚生労働省は2004年診療報酬改定で新設された「亜急性期入院医療管理料」の退院患者の要件について、「一つの例として、在宅等への復帰者が3カ月通算で6割以上であれば算定を認めていきたい」との考えを示した。

 亜急性期入院医療管理料の施設基準では、「退院患者は在宅等への復帰者が6割以上でなければならない」と定められている。だが、算定する病床が少ない病院では、例えば退院患者が月に二人しか出ず、うち一人が自宅に戻らないと6割の基準を下回り、算定要件をクリアできない。この点について、同省保険局医療課では「1カ月の実績だけではなく3カ月の通算でみるなど、一定の条件を満たせば算定を認めていきたい。詳細については後日、Q&Aなどで明らかにする」としている。

 亜急性期入院医療管理料は一般病棟の病室単位で算定する。対象は一般病床の1割以下で、最大40床しか設定できない。100床未満の病院では最大で10床設定できる。

 日経ヘルスケアでは、4月号(4月8日発売)の巻頭特集で、診療報酬改定について詳細に解説した「徹底解剖!2004年診療報酬改定」を掲載しますので、ご参照ください。
(村松謙一、日経ヘルスケア21

■ 関連トピックス ■
◆ 2004.3.24 亜急性期の在宅復帰支援担当者、「病棟業務との兼務は適当ではない」

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:67
  2. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:188
  3. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:136
  4. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:425
  5. 三十六回の手術の末 安楽死を選んだフロイト 病と歴史への招待 FBシェア数:137
  6. STEMをねらえ! Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:18
  7. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:19
  8. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:81
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:11
  10. インスリンポンプは胸の谷間に入れるもの!? 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:215