2004.03.30

【再掲】【連載:がんの治療成績を読む】その18 大阪府のがん生存率開示(1) 施設別、種類別、進行度別に開示 大腸がんでは42.2ポイントの施設格差

 連載のパート4「がん生存率開示の問題点と将来像」に移る前に、今回と次回はホットニュースをお届けする。  

 3月25日、大阪府は全国に先駆けて府内のすべての地域がん診療拠点病院(10施設)の、施設別、疾病別(5種類の癌)、患者年齢などを調整した5年相対生存率を開示し、ホームページに掲示した。

 大阪府がん診療拠点病院
 治療医療機関別5年相対生存率

 ここに公開されたデータから、がんの生存率に関して大きな施設間格差が存在することが、また明らかになった。

 <表>はその概要をまとめたもの。大腸がんでは、最高の大阪府立成人病センター(以下、成人病センター)と最低の市立岸和田市民病院では42.2ポイントの差がある。肝臓がんでは、最高の成人病センターと最低の東大阪市立総合病院で36.4ポイントの開きがある。胃がんでも最高(成人病センター)と最低(東大阪市立総合病院)で33.2ポイントという大きなギャップが見られる。

 次回に続く・・・。 

(埴岡健一、日経メディカル

*随時、掲載します。

■<連載目次へ

■ お知らせ ■
**がん生存率格差への問題意識広まる**
 テレビ東京の報道番組「ニュースアイ」(平日 夕方5時〜5時25分、金=5時55分まで)にて、3月29日、「がん(1)病院でこうも違う生存率の謎」の中で、日経メディカル3月号とMedWaveの「がんの治療成績を読む 連載10」で掲載した、がん病院の生存率格差に関する話題が取り上げられました。本連載は、がん生存率の開示促進と格差解消を目指し、継続いたします。



■ 訂正 ■
 「がん」とすべきところ「癌」と表記していました。また、「ポイント」とすべきところを「%」で表示していました。お詫びして訂正いたします。
(MedWave)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1054
  2. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:292
  3. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:432
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:16
  5. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:0
  6. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:62
  7. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:22
  8. 天井に届いた喀血 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:1
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:49
  10. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:56