2004.03.30

【再掲】【連載:がんの治療成績を読む】その18 大阪府のがん生存率開示(1) 施設別、種類別、進行度別に開示 大腸がんでは42.2ポイントの施設格差

 連載のパート4「がん生存率開示の問題点と将来像」に移る前に、今回と次回はホットニュースをお届けする。  

 3月25日、大阪府は全国に先駆けて府内のすべての地域がん診療拠点病院(10施設)の、施設別、疾病別(5種類の癌)、患者年齢などを調整した5年相対生存率を開示し、ホームページに掲示した。

 大阪府がん診療拠点病院
 治療医療機関別5年相対生存率

 ここに公開されたデータから、がんの生存率に関して大きな施設間格差が存在することが、また明らかになった。

 <表>はその概要をまとめたもの。大腸がんでは、最高の大阪府立成人病センター(以下、成人病センター)と最低の市立岸和田市民病院では42.2ポイントの差がある。肝臓がんでは、最高の成人病センターと最低の東大阪市立総合病院で36.4ポイントの開きがある。胃がんでも最高(成人病センター)と最低(東大阪市立総合病院)で33.2ポイントという大きなギャップが見られる。

 次回に続く・・・。 

(埴岡健一、日経メディカル

*随時、掲載します。

■<連載目次へ

■ お知らせ ■
**がん生存率格差への問題意識広まる**
 テレビ東京の報道番組「ニュースアイ」(平日 夕方5時〜5時25分、金=5時55分まで)にて、3月29日、「がん(1)病院でこうも違う生存率の謎」の中で、日経メディカル3月号とMedWaveの「がんの治療成績を読む 連載10」で掲載した、がん病院の生存率格差に関する話題が取り上げられました。本連載は、がん生存率の開示促進と格差解消を目指し、継続いたします。



■ 訂正 ■
 「がん」とすべきところ「癌」と表記していました。また、「ポイント」とすべきところを「%」で表示していました。お詫びして訂正いたします。
(MedWave)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. 78歳女性。主訴:激しい胸痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:173
  3. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:146
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:399
  5. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:160
  6. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:606
  7. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:285
  8. いまの医師の好みはベンツよりハイブリッド車 医師1000人に聞きました FBシェア数:207
  9. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  10. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1