2004.03.30

【再掲】【連載:がんの治療成績を読む】その18 大阪府のがん生存率開示(1) 施設別、種類別、進行度別に開示 大腸がんでは42.2ポイントの施設格差

 連載のパート4「がん生存率開示の問題点と将来像」に移る前に、今回と次回はホットニュースをお届けする。  

 3月25日、大阪府は全国に先駆けて府内のすべての地域がん診療拠点病院(10施設)の、施設別、疾病別(5種類の癌)、患者年齢などを調整した5年相対生存率を開示し、ホームページに掲示した。

 大阪府がん診療拠点病院
 治療医療機関別5年相対生存率

 ここに公開されたデータから、がんの生存率に関して大きな施設間格差が存在することが、また明らかになった。

 <表>はその概要をまとめたもの。大腸がんでは、最高の大阪府立成人病センター(以下、成人病センター)と最低の市立岸和田市民病院では42.2ポイントの差がある。肝臓がんでは、最高の成人病センターと最低の東大阪市立総合病院で36.4ポイントの開きがある。胃がんでも最高(成人病センター)と最低(東大阪市立総合病院)で33.2ポイントという大きなギャップが見られる。

 次回に続く・・・。 

(埴岡健一、日経メディカル

*随時、掲載します。

■<連載目次へ

■ お知らせ ■
**がん生存率格差への問題意識広まる**
 テレビ東京の報道番組「ニュースアイ」(平日 夕方5時〜5時25分、金=5時55分まで)にて、3月29日、「がん(1)病院でこうも違う生存率の謎」の中で、日経メディカル3月号とMedWaveの「がんの治療成績を読む 連載10」で掲載した、がん病院の生存率格差に関する話題が取り上げられました。本連載は、がん生存率の開示促進と格差解消を目指し、継続いたします。



■ 訂正 ■
 「がん」とすべきところ「癌」と表記していました。また、「ポイント」とすべきところを「%」で表示していました。お詫びして訂正いたします。
(MedWave)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:28
  2. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:56
  3. 85歳女性。尿バッグの変色 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:5
  4. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:290
  5. ナースが外でついやってしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:79
  6. 日本脳神経外科学会がNCDから離脱したワケ 非手術症例も登録する独自データベースの運用を開始 FBシェア数:59
  7. 13歳女児。増大傾向にある肝病変 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  8. 色好みの秀吉に女を世話した侍医 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  9. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:170
  10. H2ブロッカー:ガスター人気の拡大続く NMO処方サーベイ FBシェア数:69
医師と医学研究者におすすめの英文校正