2004.03.30

日本人のアテローム病変をスタチンが「退縮」:ATHEROMA研究より

 29日のFeatured Resarch Session「メタボリックシンドローム」において、小倉記念病院循環器科の横井宏佳氏は、日本人を対象にHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)のアテローム性動脈硬化病変退縮作用を検討したATHEROMA(Angiographic Intervention Trial using HMG-CoA Reduction Inhibitor to Evalutate Retardation of Obstructive Multiple Atheroma)研究の結果を報告した。

 ATHEROMA試験では、プラバスタチン10〜20mg/日によるアテローム病変退縮作用が、定量的冠動脈造影にて食事療法群と比較された。

 対象は40歳以上で69歳未満、総コレステロール200〜260mg/dlで、冠動脈主要部に25%以上の狭窄を認める冠動脈疾患361例(平均60歳)。179例が食事療法群、182例がスタチン群に無作為化された。

 両群の背景因子、また、血管最小径(最大狭窄部の血管内腔径)、平均血管径、最大狭窄部の狭窄率(食事療法群27.4%、スタチン群27.1%)に差は無かった。

 試験開始時の血清脂質は、総コレステロール225.5mg/dl、LDLコレステロール(LDL-C)142.9mg/dl、トリグリセライド(TG)173.1mg/dl、HDLコレステロール(HDL-C)49.4mg/dlだった。

 血清脂質は3年間の追跡期間後、スタチン群で、総コレステロール13%、LDL-C18%、TG 6%の減少を認め、HDL-Cは6%増加していた。食事療法群では総コレステロール、LDL-Cに変化はなく、TGは9%、HDL-Cは4%増加していた。

 第一評価項目である「血管最小径」だが、スタチン群では0.034mm増加していたのに対し、食事療法群では0.006mm減少しており、両群の差は有意だった(p=0.039)。すなわち、スタチン群では病変の退縮が認められた。

 また第二評価項目である、狭窄部以外の各セグメント内最小血管径で比較しても、スタチン群では0.037mmの退縮が認められたのに対し、食事療法群における退縮は0.003mmのみだった(p=0.014)。

 これらより横井氏は、「プラバスタチンは局所性、びまん性を問わず、冠動脈
アテローム性病変を退縮させる」と結論付けた。

 また同氏は、本試験におけるスタチン群の「LDL-C低下度」と「局所病変退縮度」が相関傾向を示すため、さらに強力なLDL-C低下が退縮作用を増強すると考えているという。しかし、食事療法群のLDL-C低下度と退縮度には、そのような傾向を認めない。

 フロアからは抗炎症作用の影響を示唆する声も聴かれたが、残忍ながら本検討ではC反応性タンパク濃度は見ていないとのことだ。
(宇津貴史、医学レポーター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:290
  2. 傍観者 じたばたナース FBシェア数:27
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:487
  4. あなたの水晶体を守る防護眼鏡の選び方 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:59
  5. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 地域包括ケアは「囲い込み」から「連合」へ 記者の眼 FBシェア数:141
  7. インフルエンザ脳症、今季初の死亡例 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:257
  8. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:16
  9. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:429
  10. 片麻痺+ショックの答えはほぼ1つ カデット特集●救急Tips99 FBシェア数:0