2004.03.30

【日本循環器学会速報】 こどものための「卒煙外来」から見えてくるもの 「はじめて吸ったのはいつか」に幼稚園との回答も



 私が小児科医になったころは、小児がたばこを吸うことなど考えられなかった。しかし今は、喫煙の主役になってしまっている−−。28日夕刻から開催された第3回禁煙推進セミナーで、最初に登壇した静岡県立こども病院の加治正行氏は、喫煙の低年齢化の実態を示し、対策の緊急性を訴えた。

 加治氏はまず中高の喫煙率が上昇していることを紹介。1994年の研究報告(日本医師会雑誌、111;913,1994)と2000年の結果(2000年度厚生科学研究費補助金健康科学総合研究事業研究報告書、2001)を比較し、中高の毎日喫煙率が男女ともに上昇している事実を指摘した。たとえば高校3年男子では、1994年には20%だったものが2000年には25%を超えていた。気になるのは女子で、同じ高校3年では1994年に3%程度だったものが、2000年には8%近くまで急増していた。

 会場をどよめかせたのは、加治氏が地元の公立中学校全校生徒へのアンケート調査の結果をスライドで提示したときだ。「はじめて吸ったのは、いつですか?」と尋ねたものだが、そこには幼稚園との回答が一人、小学校1年が3人、小学校2年が二人、という具合に、低年齢化が進んでいる実態が示されていた(図1)(詳細はこちらへ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22