2004.03.30

【日本循環器学会速報】 こどものための「卒煙外来」から見えてくるもの 「はじめて吸ったのはいつか」に幼稚園との回答も



 私が小児科医になったころは、小児がたばこを吸うことなど考えられなかった。しかし今は、喫煙の主役になってしまっている−−。28日夕刻から開催された第3回禁煙推進セミナーで、最初に登壇した静岡県立こども病院の加治正行氏は、喫煙の低年齢化の実態を示し、対策の緊急性を訴えた。

 加治氏はまず中高の喫煙率が上昇していることを紹介。1994年の研究報告(日本医師会雑誌、111;913,1994)と2000年の結果(2000年度厚生科学研究費補助金健康科学総合研究事業研究報告書、2001)を比較し、中高の毎日喫煙率が男女ともに上昇している事実を指摘した。たとえば高校3年男子では、1994年には20%だったものが2000年には25%を超えていた。気になるのは女子で、同じ高校3年では1994年に3%程度だったものが、2000年には8%近くまで急増していた。

 会場をどよめかせたのは、加治氏が地元の公立中学校全校生徒へのアンケート調査の結果をスライドで提示したときだ。「はじめて吸ったのは、いつですか?」と尋ねたものだが、そこには幼稚園との回答が一人、小学校1年が3人、小学校2年が二人、という具合に、低年齢化が進んでいる実態が示されていた(図1)(詳細はこちらへ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14