2004.03.29

バルサルタンは不整脈の誘発を改善する

 ARBは心室肥大を抑制することにより、心室性不整脈を改善するが、そのメカニズムは明らかではない。埼玉医科大学循環器内科の須賀幾氏らは、69例の高血圧患者(男性30例、女性39例、平均年齢63.8±10歳)を対象にバルサルタン20〜160mg/日を投与し、同薬による心室性不整脈の誘発の抑制と降圧効果の関係について検討した。平均追跡期間は353.6±123.2日である。28日の一般口述で発表した。

 須賀氏らは、バルサルタン投与前と投与10カ月後の平均血圧、心電図上のRV5+SV1、QT dispersion(QTD)およびQTc despersion(QTcD)を比較し、投与前後の平均血圧およびRV5+SV1の差とQTD・QTcDの差の相関について検討した。

 その結果、バルサルタン投与後の平均血圧は有意に低下していたが(p<0.0001)、RV5+SV1は投与前後で有意な変化はみられなかった。投与後のQTDおよびQTcDは有意に低下していた(p<0.0001)。また、平均血圧の差とQTD・QTcDの差には有意な相関は認められず、RV5+SV1の差とQTD・QTcDの差にも有意な相関は見られなかった。

 QTDおよびQTcDの低下は、心室の再分極の不均一性を改善する。須賀氏はこの理由として、バルサルタンがRASを抑制し、心筋線維化を抑制する、またAT1受容体を阻害しA2による交感神経の活性を抑制することが考えられるとした。しかし、今回の検討では、バルサルタンは降圧効果や左室肥大改善といった現象を介して心室性不整脈の誘発を抑制したとは考えられず、その他の機序を検討する必要があると結んだ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:159
  4. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:52
  5. 「学会の指針を転載したら金を払え」は正当か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:127
  6. その図表、そんなタイトルじゃ伝わりませんよ 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:37
  7. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:138
  8. 病理、リハビリテーション科、臨床検査の研修プログ… Cadetto Special●新専門医制度、各科の動向 FBシェア数:24
  9. 慢性的な膝の痛みに効く漢方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」 FBシェア数:19
  10. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:169
医師と医学研究者におすすめの英文校正