2004.03.29

バルサルタンは不整脈の誘発を改善する

 ARBは心室肥大を抑制することにより、心室性不整脈を改善するが、そのメカニズムは明らかではない。埼玉医科大学循環器内科の須賀幾氏らは、69例の高血圧患者(男性30例、女性39例、平均年齢63.8±10歳)を対象にバルサルタン20〜160mg/日を投与し、同薬による心室性不整脈の誘発の抑制と降圧効果の関係について検討した。平均追跡期間は353.6±123.2日である。28日の一般口述で発表した。

 須賀氏らは、バルサルタン投与前と投与10カ月後の平均血圧、心電図上のRV5+SV1、QT dispersion(QTD)およびQTc despersion(QTcD)を比較し、投与前後の平均血圧およびRV5+SV1の差とQTD・QTcDの差の相関について検討した。

 その結果、バルサルタン投与後の平均血圧は有意に低下していたが(p<0.0001)、RV5+SV1は投与前後で有意な変化はみられなかった。投与後のQTDおよびQTcDは有意に低下していた(p<0.0001)。また、平均血圧の差とQTD・QTcDの差には有意な相関は認められず、RV5+SV1の差とQTD・QTcDの差にも有意な相関は見られなかった。

 QTDおよびQTcDの低下は、心室の再分極の不均一性を改善する。須賀氏はこの理由として、バルサルタンがRASを抑制し、心筋線維化を抑制する、またAT1受容体を阻害しA2による交感神経の活性を抑制することが考えられるとした。しかし、今回の検討では、バルサルタンは降圧効果や左室肥大改善といった現象を介して心室性不整脈の誘発を抑制したとは考えられず、その他の機序を検討する必要があると結んだ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22