2004.03.29

NIHとFDAが遺伝子治療のネット上総合データベースを公開

 米国立衛生研究所(NIH)と米国食品医薬品局(FDA)は3月26日、遺伝子治療に関する治験や副作用などに関するインターネット上総合データベース、「Genetic Modification Clinical Research Information System」 (GeMCRIS)を公開した。遺伝子治療について広く情報提供すると同時に、治験で発生した副作用についてもインターネットを通じて迅速に報告し分析できるのが特徴という。NIHでは、「GeMCRISによって、遺伝子治療を促進しながら、NIHやFDA、関係学会が適切な監視をすることができる」としている。

 GeMCRISでは、患者や被験者、研究者や出資者、その他一般の人が、遺伝子治療に関する情報を手軽に得ることができる。例えば、疾患別に、どこでどのような研究や治験が行われているかなどを、簡単に調べることができる。

 詳しくは、GeMCRIS http://www.gemcris.od.nih.gov/、またはNIHによる、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:357
  2. 看護師に問題視される医師 うさコメント! FBシェア数:1
  3. 17歳女子。主訴:下痢と肛門部痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  4. 56歳男性。湿性咳嗽、呼吸苦 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  5. 内覧会でPRした手術、手続き漏れで実施できず 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 28歳男性。腹痛、下血 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  7. 74歳女性。入院中の著明な血小板減少 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  8. 診察中の患者の横でひざまづき祈り始めた通訳 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:30
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  10. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:476