2004.03.29

NIHとFDAが遺伝子治療のネット上総合データベースを公開

 米国立衛生研究所(NIH)と米国食品医薬品局(FDA)は3月26日、遺伝子治療に関する治験や副作用などに関するインターネット上総合データベース、「Genetic Modification Clinical Research Information System」 (GeMCRIS)を公開した。遺伝子治療について広く情報提供すると同時に、治験で発生した副作用についてもインターネットを通じて迅速に報告し分析できるのが特徴という。NIHでは、「GeMCRISによって、遺伝子治療を促進しながら、NIHやFDA、関係学会が適切な監視をすることができる」としている。

 GeMCRISでは、患者や被験者、研究者や出資者、その他一般の人が、遺伝子治療に関する情報を手軽に得ることができる。例えば、疾患別に、どこでどのような研究や治験が行われているかなどを、簡単に調べることができる。

 詳しくは、GeMCRIS http://www.gemcris.od.nih.gov/、またはNIHによる、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  2. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:444
  3. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:5
  4. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:259
  5. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  6. WELQと日経メディカルはどこが違うのか 記者の眼 FBシェア数:3
  7. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  8. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:481
  9. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:106
  10. 同日入院の2人 DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:13