2004.03.29

【2004循環器学会速報】 第68回日本循環器学会が東京・国際フォーラムで開催中 

 3月27日から29日までの3日間、東京都千代田区の東京国際フォーラムで第68回日本循環器学会総会・学術集会が開催されている。会員数2万1144人の基幹学会にふさわしく、2000題を超える一般演題が口演、ポスター、Featured Research Sessionとして提示されているほか、招待講演、シンポジウム、プレナリーセッションなど多数の特別演題が、東京国際フォーラムのほぼ全館に当たる17会場と地下ホールのポスター展示場、展示会場特設ステージなどで発表・討論されている。27日現在の参加登録者数は約7400人となっている。

 今期の大会テーマは、「循環器学の社会への貢献−基礎・臨床・予防」。禁煙推進市民公開講座や、別会場で市民向けに自動体外式除細動器(AED)の使い方を学ぶ心肺蘇生法体験講習会を開催するなど、医師、コメディカル、市民の連携を協調している。

 本学会では第65回大会以来、英語による発表が奨励されている。一般口演、ポスター発表の約4割が英語で行われている。今期会長で日本大学内科学講座内科2部門教授の上松瀬勝男氏は、「この方針に批判があることも事実だ。しかし、世界では英語による発表、投稿以外は全く相手にされない。若手研究者の練習の場を提供する意味もあり、今期も踏襲した」という。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127