2004.03.28

バルサルタンは自律神経改善を通して左室肥大を抑制

 自律神経の不安定性は左室肥大を増大させるといわれている。榛原総合病院の新井氏(写真)らは、アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)であるバルサルタンによって自律神経不安定性を改善させることによって左室肥大の進展が抑制される可能性について報告した。27日のポスターセッションで発表した。

 未治療高血圧患者13例にバルサルタン80〜160mg/日投与し、血圧、LVMI(左室心筋重量係数)、僧帽弁血流速度(E波、A波、E/A比)、交感神経緊張度(H/M、WR)、自律神経安定度(LF/HF比、低周波成分:LF、高周波成分:HF)の変化を11カ月観察した。

 バルサルタンの投与により、血圧の有意な改善(p=0.0001)が得られるとともに、LVMIの有意な改善が認められた(p=0.002)。また、僧帽弁血流速度は、E波、A波ともに流速が増大し、特にE波の有意な流速増大(p=0.048)は左室拡張能の改善を示唆する。また、MIBGによる交感神経の緊張度の検討では、心縦隔比の変化は認められず、WR が有意に低下していることから過緊張状態であったことが示唆される。さらにLFが有意に増大しており、自律神経の不安定性が伺われた。

 バルサルタンの投与により血圧低下、心電図上の左室肥大の低下、左室容量低下、左室拡張能の改善、交感神経過緊張の軽減、心拍変動の改善がもたらされた。新井氏は、左室容量の低下と拡張能の改善が心拍変動と交感神経の過緊張を改善していると推察する。よって、バルサルタンは交感神経不安定の改善、左室機能の改善を通して左室肥大を抑制していると考えることができると述べた。

 さらに、新井氏は、臨床的にはバルサルタンと自律神経過緊張状態がどのように関連するかは明らかではないが、この試験の結果からは、バルサルタンは心機能の増悪を抑制する作用を有していると考えられると結んだ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239