2004.03.28

バルサルタンは自律神経改善を通して左室肥大を抑制

 自律神経の不安定性は左室肥大を増大させるといわれている。榛原総合病院の新井氏(写真)らは、アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)であるバルサルタンによって自律神経不安定性を改善させることによって左室肥大の進展が抑制される可能性について報告した。27日のポスターセッションで発表した。

 未治療高血圧患者13例にバルサルタン80〜160mg/日投与し、血圧、LVMI(左室心筋重量係数)、僧帽弁血流速度(E波、A波、E/A比)、交感神経緊張度(H/M、WR)、自律神経安定度(LF/HF比、低周波成分:LF、高周波成分:HF)の変化を11カ月観察した。

 バルサルタンの投与により、血圧の有意な改善(p=0.0001)が得られるとともに、LVMIの有意な改善が認められた(p=0.002)。また、僧帽弁血流速度は、E波、A波ともに流速が増大し、特にE波の有意な流速増大(p=0.048)は左室拡張能の改善を示唆する。また、MIBGによる交感神経の緊張度の検討では、心縦隔比の変化は認められず、WR が有意に低下していることから過緊張状態であったことが示唆される。さらにLFが有意に増大しており、自律神経の不安定性が伺われた。

 バルサルタンの投与により血圧低下、心電図上の左室肥大の低下、左室容量低下、左室拡張能の改善、交感神経過緊張の軽減、心拍変動の改善がもたらされた。新井氏は、左室容量の低下と拡張能の改善が心拍変動と交感神経の過緊張を改善していると推察する。よって、バルサルタンは交感神経不安定の改善、左室機能の改善を通して左室肥大を抑制していると考えることができると述べた。

 さらに、新井氏は、臨床的にはバルサルタンと自律神経過緊張状態がどのように関連するかは明らかではないが、この試験の結果からは、バルサルタンは心機能の増悪を抑制する作用を有していると考えられると結んだ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:171
  2. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:516
  4. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2) FBシェア数:143
  5. COPD患者が骨粗鬆症を発症しやすい理由 トレンド◎COPDがII期になるとき骨密度が同時に低下 FBシェア数:140
  6. 「こんな自分でも4月から救急医になれますか」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. アルブミンはギラン・バレー症候群の予測因子 JAMA Neurology誌から FBシェア数:130
  8. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:159
  9. 透明化迫られる病医院の関連法人、取引実態が閲覧可… 記者リポート FBシェア数:45
  10. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:124