2004.03.28

バルサルタンは自律神経改善を通して左室肥大を抑制

 自律神経の不安定性は左室肥大を増大させるといわれている。榛原総合病院の新井氏(写真)らは、アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)であるバルサルタンによって自律神経不安定性を改善させることによって左室肥大の進展が抑制される可能性について報告した。27日のポスターセッションで発表した。

 未治療高血圧患者13例にバルサルタン80〜160mg/日投与し、血圧、LVMI(左室心筋重量係数)、僧帽弁血流速度(E波、A波、E/A比)、交感神経緊張度(H/M、WR)、自律神経安定度(LF/HF比、低周波成分:LF、高周波成分:HF)の変化を11カ月観察した。

 バルサルタンの投与により、血圧の有意な改善(p=0.0001)が得られるとともに、LVMIの有意な改善が認められた(p=0.002)。また、僧帽弁血流速度は、E波、A波ともに流速が増大し、特にE波の有意な流速増大(p=0.048)は左室拡張能の改善を示唆する。また、MIBGによる交感神経の緊張度の検討では、心縦隔比の変化は認められず、WR が有意に低下していることから過緊張状態であったことが示唆される。さらにLFが有意に増大しており、自律神経の不安定性が伺われた。

 バルサルタンの投与により血圧低下、心電図上の左室肥大の低下、左室容量低下、左室拡張能の改善、交感神経過緊張の軽減、心拍変動の改善がもたらされた。新井氏は、左室容量の低下と拡張能の改善が心拍変動と交感神経の過緊張を改善していると推察する。よって、バルサルタンは交感神経不安定の改善、左室機能の改善を通して左室肥大を抑制していると考えることができると述べた。

 さらに、新井氏は、臨床的にはバルサルタンと自律神経過緊張状態がどのように関連するかは明らかではないが、この試験の結果からは、バルサルタンは心機能の増悪を抑制する作用を有していると考えられると結んだ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  2. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:309
  5. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 「株主優待」目当ての投資では資産は増えない Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:31
  7. 高齢2型糖尿病患者の薬剤選択、どう判断する? 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:238
  8. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:391
  9. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1639
  10. 起立性調節障害に対する漢方の効果は? 富野浩充の「当直室からこんばんは」 FBシェア数:20