2004.03.25

BMJが日本向けキャンペーン 4月1日から無料アクセス可能

 医学雑誌BMJなどを発行する英国British Medical Journal Publishing Groupでは、4月1日から6月末日までの3カ月間、同社が発行する医学雑誌の全文をインターネットで無料アクセスできる日本限定のキャンペーン「BMJジャパンイヤー2004」を行う。

 BMJ編集長のリチャード・スミス氏は今回のキャンペーンの狙いについて、「我々は、医療従事者が診断・治療の進歩に追い付くのを支援するだけでなく、生涯学習や医学論争の機会を提供する。医療界のニーズに応え、患者ケアの標準を世界規模で高めていくための新たな一歩となるだろう」と語る。

 今回無料アクセスが可能になる医学雑誌は、BMJのほか、Gut、Thorax、Heartなど。日経BP社が翻訳出版権を持つClinical Evidence誌や、日経メディカルの「EBMへの招待」欄で一部を翻訳して紹介しているEvidence-Based Medicine誌も含まれる。

 無料アクセスには、まず同社の日本向けサイト(http://www.bmjjournals-japan.com)で氏名などを入力する必要がある。(北澤京子、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:43
  2. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:86
  3. 1歳男児。躯幹の小丘疹と手掌・足底の水疱 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:156
  5. 76歳女性。動悸、ふらつき 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  6. スタチンだけで下げられないリスクを減らすか? トレンド◎フィブラート系薬に20数年ぶりの新薬ペマフィブラート登場 FBシェア数:15
  7. 尿閉を生じた高齢患者で想起すべき疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:36
  8. 糖尿病による合併症、忘れてはいけない認知症 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:29
  9. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:96
  10. 「腹膜透析は使えない」は過去のもの 日本透析医学会理事長の中元秀友氏に聞く FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正