2004.03.25

BMJが日本向けキャンペーン 4月1日から無料アクセス可能

 医学雑誌BMJなどを発行する英国British Medical Journal Publishing Groupでは、4月1日から6月末日までの3カ月間、同社が発行する医学雑誌の全文をインターネットで無料アクセスできる日本限定のキャンペーン「BMJジャパンイヤー2004」を行う。

 BMJ編集長のリチャード・スミス氏は今回のキャンペーンの狙いについて、「我々は、医療従事者が診断・治療の進歩に追い付くのを支援するだけでなく、生涯学習や医学論争の機会を提供する。医療界のニーズに応え、患者ケアの標準を世界規模で高めていくための新たな一歩となるだろう」と語る。

 今回無料アクセスが可能になる医学雑誌は、BMJのほか、Gut、Thorax、Heartなど。日経BP社が翻訳出版権を持つClinical Evidence誌や、日経メディカルの「EBMへの招待」欄で一部を翻訳して紹介しているEvidence-Based Medicine誌も含まれる。

 無料アクセスには、まず同社の日本向けサイト(http://www.bmjjournals-japan.com)で氏名などを入力する必要がある。(北澤京子、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051