2004.03.25

BMJが日本向けキャンペーン 4月1日から無料アクセス可能

 医学雑誌BMJなどを発行する英国British Medical Journal Publishing Groupでは、4月1日から6月末日までの3カ月間、同社が発行する医学雑誌の全文をインターネットで無料アクセスできる日本限定のキャンペーン「BMJジャパンイヤー2004」を行う。

 BMJ編集長のリチャード・スミス氏は今回のキャンペーンの狙いについて、「我々は、医療従事者が診断・治療の進歩に追い付くのを支援するだけでなく、生涯学習や医学論争の機会を提供する。医療界のニーズに応え、患者ケアの標準を世界規模で高めていくための新たな一歩となるだろう」と語る。

 今回無料アクセスが可能になる医学雑誌は、BMJのほか、Gut、Thorax、Heartなど。日経BP社が翻訳出版権を持つClinical Evidence誌や、日経メディカルの「EBMへの招待」欄で一部を翻訳して紹介しているEvidence-Based Medicine誌も含まれる。

 無料アクセスには、まず同社の日本向けサイト(http://www.bmjjournals-japan.com)で氏名などを入力する必要がある。(北澤京子、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127