2004.03.25

BMJが日本向けキャンペーン 4月1日から無料アクセス可能

 医学雑誌BMJなどを発行する英国British Medical Journal Publishing Groupでは、4月1日から6月末日までの3カ月間、同社が発行する医学雑誌の全文をインターネットで無料アクセスできる日本限定のキャンペーン「BMJジャパンイヤー2004」を行う。

 BMJ編集長のリチャード・スミス氏は今回のキャンペーンの狙いについて、「我々は、医療従事者が診断・治療の進歩に追い付くのを支援するだけでなく、生涯学習や医学論争の機会を提供する。医療界のニーズに応え、患者ケアの標準を世界規模で高めていくための新たな一歩となるだろう」と語る。

 今回無料アクセスが可能になる医学雑誌は、BMJのほか、Gut、Thorax、Heartなど。日経BP社が翻訳出版権を持つClinical Evidence誌や、日経メディカルの「EBMへの招待」欄で一部を翻訳して紹介しているEvidence-Based Medicine誌も含まれる。

 無料アクセスには、まず同社の日本向けサイト(http://www.bmjjournals-japan.com)で氏名などを入力する必要がある。(北澤京子、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:118
  2. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:640
  3. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  4. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:69
  5. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:288
  6. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:206
  7. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:55
  8. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 高齢者の微熱、実は重篤なケースも 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」 FBシェア数:34