2004.03.25

【花粉症対策の健康食品調査】その5 患者・消費者からの相談機会は薬剤師が医師を上回る

 調査では、機能性食品やサプリメントの使用方法について、患者や消費者からどの程度相談を受ける機会があるかを四択式で尋ねた。



 患者から相談を受ける機会が「よくある・時々ある」と答えた医師は、合わせて36%に留まった。一方、薬剤師では合計61%となった(図4)。

 また、患者から相談を受ける機会が「よくある・時々ある」と回答した医師・薬剤師に対し、花粉症対策食品によく配合される15成分を挙げ、「花粉症患者からよく相談される成分」(複数回答)についても尋ねた。

 その結果、医師は「乳酸菌」「甜茶」「シソ」、薬剤師は「甜茶」「シジュウム茶」「シソ」について相談を受ける機会が多いことがわかった(図5)。
 


 この調査結果は、3月15日に発行した『日経ヘルス特別編集版』−エビデンスに基づく健康志向商品づくりの専門情報(見本誌)−でも紹介しています。 MedWaveをご覧の皆様の中から、抽選で100名様にこの特別編集版を贈呈いたします。
→応募はこちらから。

■ 参考トピックス ■
◆ 2004.3.22 花粉症対策の健康食品調査】その1
花粉症対策の食品成分、医師・薬剤師の認知度No.1は「乳酸菌」

◆ 2004.3.23 花粉症対策の健康食品調査】その2
花粉症対策の食品成分、医師と薬剤師で認知度に格差

◆ 2004.3.23 花粉症対策の健康食品調査】その3
医師・薬剤師が「詳しい臨床データを知りたい」食品成分トップも「乳酸菌」

◆ 2004.3.23 花粉症対策の健康食品調査】その4
医師・薬剤師が注目する商品、トップは「KW乳酸菌ヨーグルト」

■ お知らせ ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:141
  2. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:4
  3. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:128
  4. 「どう逝きたいか」がリアルに伝わる文書を施設間で… ケーススタディー◎春日井市民病院「ACP相談員」 FBシェア数:27
  5. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:80
  6. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:0
  8. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:131
  10. アドバンス・ケア・プランニングはどう進める? インタビュー◎意思決定支援なしでは治療できない時代に FBシェア数:16