2004.03.25

【花粉症対策の健康食品調査】その5 患者・消費者からの相談機会は薬剤師が医師を上回る

 調査では、機能性食品やサプリメントの使用方法について、患者や消費者からどの程度相談を受ける機会があるかを四択式で尋ねた。



 患者から相談を受ける機会が「よくある・時々ある」と答えた医師は、合わせて36%に留まった。一方、薬剤師では合計61%となった(図4)。

 また、患者から相談を受ける機会が「よくある・時々ある」と回答した医師・薬剤師に対し、花粉症対策食品によく配合される15成分を挙げ、「花粉症患者からよく相談される成分」(複数回答)についても尋ねた。

 その結果、医師は「乳酸菌」「甜茶」「シソ」、薬剤師は「甜茶」「シジュウム茶」「シソ」について相談を受ける機会が多いことがわかった(図5)。
 


 この調査結果は、3月15日に発行した『日経ヘルス特別編集版』−エビデンスに基づく健康志向商品づくりの専門情報(見本誌)−でも紹介しています。 MedWaveをご覧の皆様の中から、抽選で100名様にこの特別編集版を贈呈いたします。
→応募はこちらから。

■ 参考トピックス ■
◆ 2004.3.22 花粉症対策の健康食品調査】その1
花粉症対策の食品成分、医師・薬剤師の認知度No.1は「乳酸菌」

◆ 2004.3.23 花粉症対策の健康食品調査】その2
花粉症対策の食品成分、医師と薬剤師で認知度に格差

◆ 2004.3.23 花粉症対策の健康食品調査】その3
医師・薬剤師が「詳しい臨床データを知りたい」食品成分トップも「乳酸菌」

◆ 2004.3.23 花粉症対策の健康食品調査】その4
医師・薬剤師が注目する商品、トップは「KW乳酸菌ヨーグルト」

■ お知らせ ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:239
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:375
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:122
  4. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:185
  5. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:82
  6. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:91
  7. 待望の内服薬が承認、治療アドヒアランス向上に期待 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:2
  8. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:124
  9. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
  10. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:96