2004.03.25

【インフルエンザ速報】 トリインフルエンザ発生地付近の野鳥、3地点ともウイルス検出されず

 環境省は3月24日、高病原性トリインフルエンザの流行発生地である山口県、大分県、京都府で行っていた野鳥のウイルス検査の結果、3月12日に発表した山口県分に続き、大分県、京都府の分についても、現在判明している分についてはすべて陰性だったと発表した。

 このうち、山口県と大分県については全検体で陰性で、京都府については、一部は調査中であるものの、現在判明している分についてはすべて陰性だったとしている。この結果、トリインフルエンザの流行が発生した京都府丹波町周辺でカラスから、二次感染によると思われる高病原性トリインフルエンザウイルス(H5N1)が検出されているものの、「カラス以外の野鳥には感染が広がっていないことを示している」としている。

 本件に関する環境省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アロハに仮装…あえて道化を演じる病院長の思い 記者リポート FBシェア数:244
  2. 労基署に踏み込まれる前に医療界がすべきこと 全国自治体病院協議会会長の邉見公雄氏に聞く FBシェア数:653
  3. 肺野陰影の濃度差はなぜ生じるのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  4. 米高血圧ガイドライン改訂、基準値130/80に 学会トピック◎第66回米国心臓協会学術集会(AHA2017) FBシェア数:81
  5. 初期臨床研修のローテ、7科必修に戻るらしいよ 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:23
  6. ARB:アジルバ躍進、オルメテック抜き首位に NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  7. 画像の異常所見は肉眼でも見てみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:0
  8. 「骨盤矯正」「肩甲骨剥がし」って何なんだ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:773
  9. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:42
  10. 72歳女性。左下肢痛、何を想起すべき? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:2