2004.03.24

【ACC2004:循環器治療の最新動向に関する調査】No.1 「ここ1年で、利尿薬の処方が増えた」との回答は40%

 MedWaveは、米国心臓学会(ACC2004)を機に「循環器治療の最新動向に関する調査」を実施した。本日から結果を報告する。

 MedWaveが2003年3月に行った同様の調査では、「ALLHAT(Antihypertensive and Lipid-Lowering Treatment to Prevent Heart Attack Trial)研究は今後の診療に影響を与える」と回答した医師が75%に達していた(関連トピックス)。

 そこでまず、この1年で降圧薬の第一選択薬に変化はあったかどうかを尋ねたところ、「この1年で、第一選択薬は変わっていない」と回答した人が72人(69.2%)だった(有効回答数104人)。一方、「この1年で、第一選択薬が『異なる系統の銘柄』に変わった」は19人(18.3%)、「この1年で、第一選択薬が『同系統の異なる銘柄』に変わった」は13人(12.5%)だった(図参照)。

 また、カナダOntalio州の高齢者薬剤データベースの解析から、降圧薬の大規模臨床試験「ALLHAT」研究の最終結果発表を受け、降圧薬のシェアが大きく変動したことが明らかになった(発表後4カ月で、利尿薬の処方比率が急増、アンジオテンシン変換酵素阻害薬などレニン・アンジオテンシン系抑制薬の処方比率が急減した)が、同様のことがあったかも尋ねた。

 その結果、「ここ1年で、利尿薬の処方は変わていない」との回答は59件で全体の56.7%だったが、「ここ1年で、利尿薬の処方が増えた」との回答も42件(40.4%)と迫っていた(右の図)。「ここ1年で、利尿薬の処方はむしろ減った」は3件だった。

 調査では、今後注目すべき循環器疾患は何なのか、ALLHATの発表後に降圧薬の処方動向は変化したのか、循環器疾患の診療に携わる医師が関心を持っているテーマは何なのか、などを尋ねた。

 MedWaveの会員医師にアンケートへの協力を呼びかけ、3月8日から22日までに104人の協力が得られた。回答者のプロフィールは表の通り(お忙しい中、調査にご協力いただきましてありがとうございました)。
(三和護)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:24
  2. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:92
  4. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:22
  5. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:15
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:498
  7. インフル検査「陰性」こそ要注意 Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:163
  8. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:35
  9. 上行から弓部大動脈置換術の技を学ぶ―その3 動画で学ぶ「神の手」テクニック FBシェア数:74
  10. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正