2004.03.24

大日本製薬、糖尿病性神経障害治療薬AS-3210の第2相試験で好結果と発表

 大日本製薬は3月22日、同社が創製し、米国とカナダで開発を進めている糖尿病合併症治療薬「AS-3210」(開発コード)の第2相前期臨床試験が終了したと発表した。試験の結果、糖尿病性神経障害の発症・進行を抑制する可能性が示唆されたという。

 第2相前期臨床試験はソルビトールとフルクトースに対する神経内での蓄積抑制作用の確認を主な目的とする。試験結果は、この3月13日から17日までハワイのコナ島で開催された第1回国際ポリオールパスウエイ学会で、カナダToronto大学医学部のVera Bril氏が発表した。

 Bril氏らの研究グループは、軽度から中等度の糖尿病性末梢神経障害患者101例を3群に分け、AS-3210の5mg、同20mg、プラセボを1日1回、12週間投与するプラセボ対照二重盲検試験を実施した。その結果、腓腹神経細胞中のソルビトールとフルクトースの蓄積抑制は用量依存的に阻害した。感覚検査スコアは用量依存的な改善が見られ、問題とすべき副作用は見られなかったとしている。

 これらの試験結果から、投与によって糖尿病性神経障害の発症・進行を抑制する可能性が示唆されたため、糖尿病性神経障害に対する有用性を確認する臨床試験を今後実施するという。

 大日本製薬のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. あまりフレンドリーな医療者にならないようにしてい… 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:207
  2. 3歳女児。掌蹠に痒みを伴う多発性の水疱・膿疱 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:1
  3. 85歳女性、心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 医師の「肩書き」がモノを言うとき 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:110
  5. 「あれもイヤ、これもイヤ」にどう対応? うさコメント! FBシェア数:27
  6. ARB利尿薬配合剤と併用しない方がよい薬 医師のための薬の時間 FBシェア数:4
  7. 49歳男性。発熱 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  8. 凝固因子2つに結合する抗体が血友病治療に革命 奈良県立医科大学小児科学教室教授の嶋緑倫氏に聞く FBシェア数:23
  9. 糖尿病患者に癌の発症が多いワケ 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:216
  10. 美人尼の介護を受けた晩年の良寛 病と歴史への招待 FBシェア数:15
医師と医学研究者におすすめの英文校正