2004.03.24

大日本製薬、糖尿病性神経障害治療薬AS-3210の第2相試験で好結果と発表

 大日本製薬は3月22日、同社が創製し、米国とカナダで開発を進めている糖尿病合併症治療薬「AS-3210」(開発コード)の第2相前期臨床試験が終了したと発表した。試験の結果、糖尿病性神経障害の発症・進行を抑制する可能性が示唆されたという。

 第2相前期臨床試験はソルビトールとフルクトースに対する神経内での蓄積抑制作用の確認を主な目的とする。試験結果は、この3月13日から17日までハワイのコナ島で開催された第1回国際ポリオールパスウエイ学会で、カナダToronto大学医学部のVera Bril氏が発表した。

 Bril氏らの研究グループは、軽度から中等度の糖尿病性末梢神経障害患者101例を3群に分け、AS-3210の5mg、同20mg、プラセボを1日1回、12週間投与するプラセボ対照二重盲検試験を実施した。その結果、腓腹神経細胞中のソルビトールとフルクトースの蓄積抑制は用量依存的に阻害した。感覚検査スコアは用量依存的な改善が見られ、問題とすべき副作用は見られなかったとしている。

 これらの試験結果から、投与によって糖尿病性神経障害の発症・進行を抑制する可能性が示唆されたため、糖尿病性神経障害に対する有用性を確認する臨床試験を今後実施するという。

 大日本製薬のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55