2004.03.23

亜急性期の在宅復帰支援担当者、「病棟業務との兼務は適当ではない」

 2004年診療報酬改定の目玉の一つとして新設された亜急性期入院医療管理料。厚生労働省は、その算定要件の中で、「在宅復帰支援機能を果たす担当者は看護師でもいいが、病棟業務との兼業は適切ではない」(保険局医療課)との見解を明らかにした。

 亜急性期入院医療管理料の算定要件は、「在宅復帰支援担当者を専任で1名以上配置」とされているが、どんな職種の人がどのような形で関わればいいのか、明確にされていなかった。メディカルソーシャルワーカーが厚労省の描くイメージに最も近いと言われているが、「メディカルソーシャルワーカーは、まだ国家資格がないので、実際にそうした仕事をできる人であれば、担当者の資格は問うていない」(同)。

 ただし、看護師が病棟業務と兼務する場合については、「亜急性期入院医療における在宅復帰支援機能は非常に重要だと考えており、病棟業務と兼務で担当した場合、病棟業務に拘束されて十分に役割が果たせない恐れがあり適切ではない。この点については後日、Q&Aなどで明らかにしたい」として、否定的な見方をしている。

 日経ヘルスケアでは、4月号(4月8日発売)の巻頭特集で、診療報酬改定について詳細に解説した「徹底解剖!2004年診療報酬改定」を掲載しますので、ご参照ください。(沖本健二、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180