2004.03.22

【花粉症対策の健康食品調査】その2 花粉症対策の食品成分、医師と薬剤師で認知度に格差

 図2は、その1で紹介した「医師、薬剤師が認知している花粉症対策食品成分」について、総回答者に占める割合を医師・薬剤師別にパーセント表示したものだ。

●図2 医師・薬剤師が「知っている」花粉症対策食品成分(複数回答、%表示) 



 具体的な成分名を「知っている」薬剤師は多いが、医師は成分名をあまり知らないことがわかる。

 たとえば、薬剤師の89%は「甜茶」を「知っている」と回答したが、医師の「甜茶」認知度は43%と薬剤師の半分以下。医師で認知度トップの「乳酸菌」でも53%に過ぎなかった。花粉症対策の食品やサプリメント成分を「知っているものはない」と回答した医師は23%に上った。

*この調査結果は、3月15日に発行した『日経ヘルス特別編集版』−エビデンスに基づく健康志向商品づくりの専門情報(見本誌)−でも紹介しています。

 MedWaveをご覧の皆様の中から、抽選で100名様にこの特別編集版を贈呈いたします。
→応募はこちらから。

■ 参考トピックス ■
◆ 2004.3.22 花粉症対策の健康食品調査】その1
花粉症対策の食品成分、医師・薬剤師の認知度No.1は「乳酸菌」

■ お知らせ ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051