2004.03.22

【花粉症対策の健康食品調査】その2 花粉症対策の食品成分、医師と薬剤師で認知度に格差

 図2は、その1で紹介した「医師、薬剤師が認知している花粉症対策食品成分」について、総回答者に占める割合を医師・薬剤師別にパーセント表示したものだ。

●図2 医師・薬剤師が「知っている」花粉症対策食品成分(複数回答、%表示) 



 具体的な成分名を「知っている」薬剤師は多いが、医師は成分名をあまり知らないことがわかる。

 たとえば、薬剤師の89%は「甜茶」を「知っている」と回答したが、医師の「甜茶」認知度は43%と薬剤師の半分以下。医師で認知度トップの「乳酸菌」でも53%に過ぎなかった。花粉症対策の食品やサプリメント成分を「知っているものはない」と回答した医師は23%に上った。

*この調査結果は、3月15日に発行した『日経ヘルス特別編集版』−エビデンスに基づく健康志向商品づくりの専門情報(見本誌)−でも紹介しています。

 MedWaveをご覧の皆様の中から、抽選で100名様にこの特別編集版を贈呈いたします。
→応募はこちらから。

■ 参考トピックス ■
◆ 2004.3.22 花粉症対策の健康食品調査】その1
花粉症対策の食品成分、医師・薬剤師の認知度No.1は「乳酸菌」

■ お知らせ ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:24
  2. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:92
  4. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:22
  5. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:15
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:498
  7. インフル検査「陰性」こそ要注意 Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:163
  8. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:35
  9. 上行から弓部大動脈置換術の技を学ぶ―その3 動画で学ぶ「神の手」テクニック FBシェア数:74
  10. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正