2004.03.22

FDAらがメチル水銀含有量に基づく魚貝類摂取に関する勧告を改定

 米国食品医薬品局(FDA)と米国政府の環境保護部門であるEnvironmental Protection Agency (EPA)は3月19日、メチル水銀含有量に基づく魚貝類摂取に関する勧告を、2001年以来初めて改定した。これは、妊婦や妊娠可能性のある女性、授乳中の母親、小さな子供の多量の水銀摂取を防ぐことが目的。

 新勧告では、1.サメ、メカジキ、大型のサバ(キング・マッカエル)、タイルフィッシュ(アマダイの一種)は食べないこと、2.水銀含有量の少ない多種の魚貝類を食べ、1週間の総摂取量は12オンス(約340グラム)までとすること、3.地域の湖や川、沿岸で家族や友人が採った魚については、地域の専門家に意見を聞くこと。それができない場合には、食べる量を6オンス(約170グラム)までに抑え、その週にはそれ以上魚を食べないこと−−としている。

 また、最も一般的に食用となっている魚貝類で水銀含有量が少ないもとのして、エビ、缶入りライトツナ、サケ、スケソウダラ、アメリカナマズを挙げている。一方、アルバコア・ツナ(まぐろの一種)は缶入りライトツナよりも水銀含有量が多いため、1週間に6オンスまでの摂取に留めた方がいいとしている。

 詳しくは、FDAによる、ニュース・リリース、または勧告本文まで。さらに主な魚貝類の水銀含有量の調査結果は、http://www.cfsan.fda.gov/~frf/sea-mehg.htmlで見ることができる。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 小児喘息へのツロブテロール貼付剤は2週間まで 解説◎5年ぶり改訂の小児喘息ガイドライン、どこが変わった? FBシェア数:31
  2. 2040年に増える科、減る科 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  3. 臨床研究の「厳格化」にどう立ち向かうか ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:21
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:107
  5. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:668
  7. 「ママのお腹の中に戻って女の子に生まれ直したい」… 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:6
  8. 仕事が遅い新人看護師、時間外労働の限度は? ナースのためのアモーレ労働相談 FBシェア数:14
  9. 「転んだ後に腰が痛い」を映像化して見えたもの 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:3
  10. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
医師と医学研究者におすすめの英文校正