2004.03.22

FDAらがメチル水銀含有量に基づく魚貝類摂取に関する勧告を改定

 米国食品医薬品局(FDA)と米国政府の環境保護部門であるEnvironmental Protection Agency (EPA)は3月19日、メチル水銀含有量に基づく魚貝類摂取に関する勧告を、2001年以来初めて改定した。これは、妊婦や妊娠可能性のある女性、授乳中の母親、小さな子供の多量の水銀摂取を防ぐことが目的。

 新勧告では、1.サメ、メカジキ、大型のサバ(キング・マッカエル)、タイルフィッシュ(アマダイの一種)は食べないこと、2.水銀含有量の少ない多種の魚貝類を食べ、1週間の総摂取量は12オンス(約340グラム)までとすること、3.地域の湖や川、沿岸で家族や友人が採った魚については、地域の専門家に意見を聞くこと。それができない場合には、食べる量を6オンス(約170グラム)までに抑え、その週にはそれ以上魚を食べないこと−−としている。

 また、最も一般的に食用となっている魚貝類で水銀含有量が少ないもとのして、エビ、缶入りライトツナ、サケ、スケソウダラ、アメリカナマズを挙げている。一方、アルバコア・ツナ(まぐろの一種)は缶入りライトツナよりも水銀含有量が多いため、1週間に6オンスまでの摂取に留めた方がいいとしている。

 詳しくは、FDAによる、ニュース・リリース、または勧告本文まで。さらに主な魚貝類の水銀含有量の調査結果は、http://www.cfsan.fda.gov/~frf/sea-mehg.htmlで見ることができる。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13