2004.03.19

オランダで多剤耐性結核患者6人発生、東欧から来訪の患者から感染

 欧州感染症情報(Eurosurveillance)2004年第12週号(3月18日発行)によると、オランダで初の多剤耐性結核感染が発生したもようだ。オランダ結核協会の発表として伝えた。

 それによると、東欧から来訪した一人の患者からオランダ人6人が感染、このうち二人が肺結核を発症した。初発患者の母国が東欧のどの国かは公表されていない。

 多剤耐性結核は、標準的な治療法であるイソニアジドとリファンピシンの併用療法が効かず、死亡率も高いとして、世界保健機関(WHO)などが警戒を強めている。国内に侵入すれば高齢者施設などで被害が拡大する可能性は高く、日本でも今後、対策を講じる必要がありそうだ。

 Eurosurveillance最新号はこちらを参照。(中沢真也)

■ 関連トピックス ■
◆2004.3.18 WHO、多剤耐性結核の蔓延に警鐘、東欧、中央アジア中心に拡大懸念

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:64
  2. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  3. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:296
  4. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:40
  5. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  7. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  8. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:99
  9. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  10. 東広島市の麻疹感染広がる、患者は7人に パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:198