2004.03.19

オランダで多剤耐性結核患者6人発生、東欧から来訪の患者から感染

 欧州感染症情報(Eurosurveillance)2004年第12週号(3月18日発行)によると、オランダで初の多剤耐性結核感染が発生したもようだ。オランダ結核協会の発表として伝えた。

 それによると、東欧から来訪した一人の患者からオランダ人6人が感染、このうち二人が肺結核を発症した。初発患者の母国が東欧のどの国かは公表されていない。

 多剤耐性結核は、標準的な治療法であるイソニアジドとリファンピシンの併用療法が効かず、死亡率も高いとして、世界保健機関(WHO)などが警戒を強めている。国内に侵入すれば高齢者施設などで被害が拡大する可能性は高く、日本でも今後、対策を講じる必要がありそうだ。

 Eurosurveillance最新号はこちらを参照。(中沢真也)

■ 関連トピックス ■
◆2004.3.18 WHO、多剤耐性結核の蔓延に警鐘、東欧、中央アジア中心に拡大懸念

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 病室でトコジラミ発見!入院患者をどう守る? リポート◎患者への被害を寸前で防いだ信州大学病院の危機対応 FBシェア数:182
  2. 57歳男性。息切れ 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  3. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:163
  4. 7%の減量で本当に脂肪肝が治るか検証してみた 記者の眼 FBシェア数:126
  5. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:156
  6. 新専門医制度、期待と不安の中で8400人が船出 特集◎走り出した新専門医制度《プロローグ》 FBシェア数:27
  7. 糖尿病治療のEvidence-Based Med… 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:51
  8. サブスペシャリティー専門医はどう取るの? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-1》 FBシェア数:50
  9. 精神科単科病院を取り巻く差別の可視化 その死に誰が寄り添うか−精神科単科病院にて FBシェア数:53
  10. 患者さんの死で気づいた診療所の役割 うさコメント! FBシェア数:27
医師と医学研究者におすすめの英文校正