2004.03.19

FAO、高病原性トリインフルエンザ感染国の養鶏再開に慎重な対応求める

 国連の下部組織である世界食糧農業機関(FAO)はこのほど、高病原性トリインフルエンザ(H5N1)が流行した一部の国々で、特定の地域を「非汚染」地域に指定して養鶏の復活を図る動きに対し、流行再発を防ぐ厳重な防止措置が先決だとして、安易な再開を強く牽制した。

 FAOは、「トリインフルエンザとの闘いで進展があったのは事実だが、動物に症状が出ていなくてもウイルスが存在し続けているおそれがある」として、養鶏再開のためには「十分な予防措置」が必要と強調している。必要な措置としてFAOが挙げたのは、

1.ウイルスが分離されないことを確認するとともに、感染があった場所にワクチンを打っていない鶏(見張り動物)を置き、感染しないことを確認する。
2.鶏の移動と汚染された器材の存在を監視し、感染再発を防ぐ。
3.飼養する鶏と野鳥の接触を防ぐ。
4.厳重なサーベイランスを続け、流行の発生を監視する。
5.輸出を再開する場合、感染の発生がないことを海外の独立の専門家によって認証を受ける。

 さらにFAOは、「いくつかの国々は、国際社会に対して感染情報をきちんと提供すべきである」と異例の勧告を付記している。具体的な国名の明記を避けながらも、今回のアジアにおける高病原性トリインフルエンザ流行で、鶏などの輸出が重要産業になっているタイや中国に釘をさしたものと見られる。

 FAOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)


■ 参考図書 ■

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  2. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:389
  3. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  4. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:220
  5. 70歳男性。主訴:全身の掻痒感と褐色尿 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  6. オペ室マジック 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 便潜血陽性者は早めに内視鏡検査受けるべき JAMA誌から FBシェア数:100
  8. 「酸味が嫌い」な患者のBMIとHbA1cは高い 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:9
  9. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:165
  10. 一期一会の患者でも経過に注目してみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:33