2004.03.19

【インフルエンザ速報】 国内で流行のH5N1ウイルス、韓国株と「遺伝的に極めて近縁」、農水省が発表

 農林水産省は3月19日、これまで国内で発生した山口、大分、京都などの流行で分離された高病原性トリインフルエンザウイルス(H5N1)が、韓国で2003年12月に発生した流行で分離されたウイルスと相互に99%以上の一致を示し、「遺伝的に極めて近縁の関係にある」と発表した。つくば市の動物衛生研究所が分析を進めていたもの。

 ただし農水省は、これだけの情報では国内で検出されたウイルスが韓国由来とは言えず、さらに分析が必要としている。

 農水省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)


■ 参考図書 ■



Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13