2004.03.19

【インフルエンザ速報】 国内で流行のH5N1ウイルス、韓国株と「遺伝的に極めて近縁」、農水省が発表

 農林水産省は3月19日、これまで国内で発生した山口、大分、京都などの流行で分離された高病原性トリインフルエンザウイルス(H5N1)が、韓国で2003年12月に発生した流行で分離されたウイルスと相互に99%以上の一致を示し、「遺伝的に極めて近縁の関係にある」と発表した。つくば市の動物衛生研究所が分析を進めていたもの。

 ただし農水省は、これだけの情報では国内で検出されたウイルスが韓国由来とは言えず、さらに分析が必要としている。

 農水省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)


■ 参考図書 ■



Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1