2004.03.19

【インフルエンザ速報】 国内で流行のH5N1ウイルス、韓国株と「遺伝的に極めて近縁」、農水省が発表

 農林水産省は3月19日、これまで国内で発生した山口、大分、京都などの流行で分離された高病原性トリインフルエンザウイルス(H5N1)が、韓国で2003年12月に発生した流行で分離されたウイルスと相互に99%以上の一致を示し、「遺伝的に極めて近縁の関係にある」と発表した。つくば市の動物衛生研究所が分析を進めていたもの。

 ただし農水省は、これだけの情報では国内で検出されたウイルスが韓国由来とは言えず、さらに分析が必要としている。

 農水省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)


■ 参考図書 ■



Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:6
  2. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:8
  3. 日本人NVAFのための脳梗塞リスクスコア開発 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:1
  4. β遮断薬:カルベジロールに4割弱の支持集まる NMO処方サーベイ FBシェア数:103
  5. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:12
  6. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  7. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0
  8. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:9
  9. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:303
  10. 心房細動のないHFpEF患者の一部は高率で脳卒中… Eur Heart J誌から FBシェア数:108