2004.03.19

【インフルエンザ速報】 国内で流行のH5N1ウイルス、韓国株と「遺伝的に極めて近縁」、農水省が発表

 農林水産省は3月19日、これまで国内で発生した山口、大分、京都などの流行で分離された高病原性トリインフルエンザウイルス(H5N1)が、韓国で2003年12月に発生した流行で分離されたウイルスと相互に99%以上の一致を示し、「遺伝的に極めて近縁の関係にある」と発表した。つくば市の動物衛生研究所が分析を進めていたもの。

 ただし農水省は、これだけの情報では国内で検出されたウイルスが韓国由来とは言えず、さらに分析が必要としている。

 農水省のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)


■ 参考図書 ■



Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55