2004.03.18

WHO、多剤耐性結核の蔓延に警鐘、東欧、中央アジア中心に拡大懸念

 世界保健機関は3月16日、「Anti-Tuberculosis Drug Resistance in the World」と題した世界結核レポートを発表、東欧と中央アジアにおける多剤耐性結核が著しく増加している現状に警鐘を鳴らした。

 報告書によると、多剤耐性結核患者が特に多い上位6カ国はエストニア、カザフスタン、ラトビア、リトアニア、ロシアの一部、ウズベキスタンで、これらの国では新規結核患者に占める多剤耐性菌感染者の比率がほぼ14%に達しているという。このほか、中国、エクアドル、イスラエル、南米なども汚染地域になっている。

 多剤耐性結核患者は毎年30万人に達すると推定されている。しかもその約8割が“超耐性”株で、3剤ないし4剤以上に対する耐性を確保しているという。こうした結核菌に感染すると、標準的な治療法であるイソニアジドとリファンピシン併用療法は効かず、大半が死亡に至る。標準治療法なら6カ月間の治療における薬剤コストは10米ドル程度だが、多剤耐性菌治療に要するコストはその数百倍にも達するという。

 多剤耐性結核の蔓延地域がHIVの感染拡大地域と一致していることは偶然ではなく、免疫力が低下したHIV患者に対して致命的な疾患として感染が拡大しているという。WHOでは耐性結核菌治療薬の開発を推進する国際的アライアンスを組織して研究を行っており、薬剤や治療法が開発過程にあるとしている。

 結核報告書の全文はこちらで入手できる(pdfファイル)。報告書に関するプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172