2004.03.17

エルダ−サービス、通所介護事業のフランチャイズ展開 介護ビジネス全般のコンサルティング業務もスタート 

 (株)エルダ−サービス(北九州市八幡東区、芳賀祥泰社長)は4月から、通所介護事業のフランチャイズチェーン(FC)展開に乗り出す。全国の県庁所在地や政令指定都市を中心に年間5カ所程度の加盟を目指す。

 同社は2001年10月に通所介護事業に参入し、現在は北九州市と福岡市で計5カ所の事業所を手がけている。同じ地域内に雰囲気の異なる複数の事業所を展開して、利用者が気分に応じて通所先を変えられるようにしたり、各事業所にゲームコーナーやカラオケ、パソコンなどを備えて娯楽性の高いサービスを提供するなど、独自ケアを実施。このような形態による運営が順調なことから、そのノウハウを生かしてFC展開を図る。

 FC展開に当たっては、定員が50人規模の大型事業所と20〜30人規模の小型事業所の2種類をモデルとし、初期投資額をそれぞれ7200万円以上、3850万円以上に設定して開設から10カ月程度での単月黒字化、3年程度での初期投資の回収を目標とする。

 加盟金は300万円、ロイヤルティーは総売り上げの5%。このほか、加盟時に人材研修費として50万円を徴収する。同社は、開設候補地の市場調査やスタッフの採用・研修なども請け負う。

 また、FC展開とは別に、介護ビジネス全般のコンサルティングも4月から開始する。同社は、通所介護のほか訪問介護やグループホーム、居宅介護支援も運営しており、主にこれらの事業を対象として、市場調査(コンサルティング料10万円)や開設支援(同300万円)、運営改善の指導(同50万円以上)などを行う。通所介護事業については、フランチャイジ−になることには抵抗感があるが、業務支援を受けたいと考えている事業者の取り込みを図る。
(豊川琢、日経ヘルスケア21


■ MedWave careメール ■
 テーマサイト「看護・介護」のメールマガジンを配信しています。登録(無料)はこちらからどうぞ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051