2004.03.17

政府、トリインフルエンザの緊急総合対策を決定

 政府は3月16日朝にトリインフルエンザに関する関係閣僚会合を開き、緊急総合対策を決定した。対策の主な項目は、徹底した防疫措置、人への感染防止、早期通報の促進、養鶏事業者などの被害救済措置など。

 外部から養鶏場への感染を防止するための措置としては、消毒の徹底などとともに、野鳥やネズミなどの侵入を防止できるウインドレス鶏舎などの整備を促進する。

 感染経路を解明するため、今年度の科学技術振興調整費による緊急調査研究が進められているが、新たに農林水産省に専門家による感染経路究明チームを設置することを決めた。

 人への感染防止については、抗インフルエンザウイルス薬の備蓄を進めるほか、ヒト用ワクチン株の開発を急ぐとしている。

 京都における通報遅れが感染の拡大や食品への不安を拡大したことから、今回の総合対策には、感染発生の通報義務違反に対するペナルティと移動制限による損失補填などの助成を含む家畜伝染病予防法の改正案を今期通常国会に提出することが明記された。

 このほか、鶏に対するインフルエンザ・ワクチン接種については、妥当性の議論を進めるとともに、ワクチンを接種した鶏や鶏卵の食品としての安全性について、食品安全性委員会で評価を実施しており、3月中に方向性を打ち出すことも規定された。

 この緊急総合対策については、関係閣僚会合のあとの閣議で、感染発生自治体に対して財政負担を軽減するための交付税として4億2000万円の交付が決まり、養鶏事業者などへの2003年度分の助成金として1億478万5000円が計上された。

 緊急総合対策の内容は農林水産省のホームページで全文を閲覧できる。(中沢真也)

■ 参考図書 ■


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:315
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1041
  3. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:134
  4. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:414
  5. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:274
  6. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:249
  7. なんで医師が投資をしちゃいけないの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:63
  8. 病院が介護施設へ転換…でも「肩書は院長です」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:53
  9. 経口鉄剤:7割以上がフェロミアを支持 NMO処方サーベイ FBシェア数:1
  10. 高齢患者を救うDr.SUPERMAN リポート◎隠れた機能障害や生活上の問題点を拾い出す FBシェア数:44