2004.03.12

新・調剤報酬の算定要件が明らかに 分割調剤は医療機関への「照会」が必要

 厚生労働省はこのほど、2004年度診療報酬改定に伴う実施上の留意事項について通知した。調剤報酬に関する主な内容は以下の通り。

 今改定で初めて点数評価がなされた分割調剤については、従来同様、分割理由等の必要な事項を調剤録へ記入するとともに、新たに処方せん受付時に医療機関等へ「照会」することが義務づけられた。この二つの要件を満たした場合に、2回目以降の調剤については、1分割調剤につき調剤基本料として5点が算定できる。

 調剤料では、内服薬調剤料の「3剤まで」との算定上限が、新設された浸煎薬の調剤料、湯薬の調剤料、一包化薬の調剤料にも適用されることになった。すなわち1調剤につき120点と設定されている浸煎薬および湯薬については、どちらも3調剤までしか算定できない。これらの点数が内服薬調剤料と重複した場合は、1剤を1調剤、あるいは1調剤を1剤と換算し、3剤(3調剤)までが算定上限となる。

 また、1週間分ごとに97点と設定されている一包化薬については、従来同様、剤数でカウントすることになった。これにより、例えば、朝食後、朝夕食後、毎食後といった3剤の薬剤に関して一包化の指示が出ていて、他に就寝前の薬剤があった場合、4剤目に当たる就寝前の調剤料の算定は認められない。

 このほか、薬剤情報提供料1の点数引き上げに伴い、お薬手帳には従来の内容に加え「投薬された薬剤により発生すると考えられる症状(相互作用)」も記載することになった。また、算定要件が分かりにくいとされていた特別指導加算については、新たに「収集した患者情報をもとに薬学的知識に基づき、分析・検討を行う」といった具体的な指針が盛り込まれた。
(庄子育子、日経ドラッグインフォメーション

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256