2004.03.12

スタチンは造影剤による腎障害を抑制

 冠動脈疾患治療には欠かせない冠動脈造影だが、造影剤による腎毒性という問題も一面にはある。しかし米国Henry FordHospitalのSanjaya Khanal氏によると、HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)には造影剤性腎障害を抑制する作用があるという。およそ3万例を追跡した報告が、3月9日のポスターセッション「治療の転帰」で発表された。

 Khanal氏らは、多施設における経皮的冠動脈インターベンション(PCI)例データをプロスペクティブに集積し、2万9409例に関し血清クレアチニン(Cr)のデータを得た。そこでこれらを、スタチンを服用していた「スタチン群」(1万1017例)と服用していなかった「非スタチン群」(1万8392例)に分け、PCI前後の腎機能を比較した。「造影剤性腎障害」は、PCI後の最大値がPCI前に比べ「血清Crが0.5mg/dl以上上昇」した場合とされた。

 まず「造影剤性腎障害」発現頻度を比較すると、「スタチン群」の4.37%に対し「スタチン群」では5.93%と有意な増加を認めた。また、「スタチン群」では0.32%だった透析導入も、「非スタチン群」では0.49%で有意に多かった。

 「PCI前スタチン服用」による腎障害の補正後オッズ比は0.88(95%信頼区間:0.8〜1.0、p=0.04)であり、スタチン服用による「造影剤性腎障害」抑制作用が示唆された。補正は「年齢」「性別」「クレアチニンクリアランス」「加重平均したスタチン服用」「病変枝数」「造影時間」「心血管系合併症」「造影剤の量」「ヘモグロビン値」「バルーン使用」「左室駆出率」「心原性ショック」「直近1週間の心筋梗塞既往」「心室性不整脈」「左主幹部狭窄度」「冠動脈石灰化」「不安定狭心症」――について行われている。

 Khanal氏らはこれらより「スタチンはPCI後の造影剤性腎障害を抑制する」と結論付けた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:467
  2. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:2
  3. 看護師がI.C.に同席し患者の理解をサポート 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編3》 FBシェア数:14
  4. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:170
  5. 三環系抗うつ薬:うつ以外への処方も広がる NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:3
  7. 非専門領域の新薬、いつから使う? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:4
  8. 説明同意文書に死亡リスクを具体的に記載 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編2》 FBシェア数:62
  9. 裁判所が求めるインフォームド・コンセントとは 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:144
  10. 主治医は言い訳をせずに真実をしっかり伝えよ 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編1》 FBシェア数:146