2004.03.12

【ACC2004速報】 心筋梗塞+糖尿病患者の死亡率、女性は最近8年間で44.5%の大幅減少

 米国流に言えば、グッドニュースとバッドニュースということになるだろうか。最近、心筋梗塞患者の入院死亡率は減少傾向にあり、特に女性の糖尿病+心筋梗塞の患者では、1994年から2002年までの8年間に44.5%減少した。しかし、糖尿病の有病率は同じ8年間に2割も増えている。3月8日に開催された特別口演「急性冠虚血症候群:増悪における糖尿病の影響」セッションで米Texas大学Southwestern医療センターのDarren McGuire氏(写真)が報告した。

 McGuire氏らの研究グループは、全米心筋梗塞登録機関(NRMI)に登録されている心筋梗塞患者のデータをもとに、心筋梗塞と糖尿病の関連を調べた。

 本調査によると、米国では心筋梗塞患者の糖尿病罹患率は近年増え続けており、1994年には25.5%だったのが2002年には30.8%になり、8年間で20.8%も増加していることが判明した。NRMIに登録されている心筋梗塞患者データ142万8596件のうち、糖尿病患者は41万223件にのぼる。非糖尿病者に占める女性の比率は37.3%であるのに対して、糖尿病患者に占める比率は46.5%と多い。

 1994年の入院時死亡率を見ると、男性の非糖尿病患者では9%強、男性の糖尿病患者では14%であるのに対し、女性では非糖尿病患者でも16%弱、糖尿病患者では18%に達していた。しかし、2002年までの8年間に死亡率は大きく減少した。8年間に順位は全く入れ替わっていないが、2002年には、最も少ない男性の非糖尿病患者の死亡率が約8%と8年間で1ポイント強しか減少していないのに対して、最も多い女性の糖尿病患者では6ポイント近く減少し、12%強になった。

 減少率で見ると、男性の非糖尿病患者では23.5%、男性の糖尿病患者では30.2%、女性の非糖尿病患者では34.2%であるのに対し、女性の糖尿病患者では、44.5%と半減に近い大幅な減少が得られている。こうした大幅な減少の理由についてMcGuire氏らは、エビデンスベースの治療導入による予後の改善などを挙げている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13