2004.03.11

埋め込み型除細動器治療で心不全患者の心停止死亡リスクが23%減少:SCD-HeFT試験

 心不全患者に対する埋め込み型除細動器(ICD)と抗不整脈薬アミオダロンの効果を検証した大規模臨床試験「SCD-HeFT(Sudden Cardiac Death in Heart Failure Trial)」の結果が報告され、ICDは総死亡リスクを減少させ、抗不整脈薬は効果なし、という結果が発表された。3月8日の口演Late Breaking Clinical Trialセッションで米Seattle心臓研究所のGust H. Bardy氏が報告した。

 SCD-HeFTでは中等度、重度の心不全があり、左心機能低下(EF値=35%以下)がある2521人を対象とした。これを3分の1ずつICD、抗不整脈薬、プラセボの3群に無作為に割り付けた。すべての患者は通常の心不全治療に用いられるACE阻害薬、β遮断薬、利尿薬、スタチン、アスピリンなどの投薬を含む標準的な治療を受けることができるようにした。一次エンドポイントは総死亡の相対リスクである。

 約5年間の追跡の結果、プラセボ群に対するアミオダロン群の相対リスクは1.06(0.86〜1.30)で有意差が得られなかった。これに対してICD群では相対リスクが0.77倍(0.62〜0.96)となり、プラセボ群に対して総死亡を23%有意に減少させた。

 Bardy氏は、「試験に参加した患者はACE阻害薬、ARB、β遮断薬、スタチンなどの投薬による適切な治療を受けている、ICD治療群ではその上でさらに死亡リスクが減少した形であり、有効性が確認された」としている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:863
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:5
  3. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:254
  4. 動かなくなって気付く…左母指の重要性 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:32
  5. 高齢2型糖尿病患者の薬剤選択、どう判断する? 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:198
  6. 「脱水」は2つに大別して考える カデット特集●シーズン前に押さえよう 脱水の基本 FBシェア数:263
  7. 使い捨て医療機器は「再利用」から「再製造」へ インタビュー◎院内での中途半端な洗浄・滅菌はやめよう FBシェア数:196
  8. 患者指導にとって言葉は聴診器以上に大切だ 追悼◆日野原重明氏《インタビュー再録》 FBシェア数:991
  9. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. 予約制で1日40人、念願のきめ細やかな診療実現 ルポ:50代の転職(3)◎完全予約制の小児科を開業 FBシェア数:102