2004.03.11

【ACC2004速報】 埋め込み型除細動器治療で心不全患者の心停止死亡リスクが23%減少:SCD-HeFT試験

 心不全患者に対する埋め込み型除細動器(ICD)と抗不整脈薬アミオダロンの効果を検証した大規模臨床試験「SCD-HeFT(Sudden Cardiac Death in Heart Failure Trial)」の結果が報告され、ICDは総死亡リスクを減少させ、抗不整脈薬は効果なし、という結果が発表された。3月8日の口演Late Breaking Clinical Trialセッションで米Seattle心臓研究所のGust H. Bardy氏が報告した。

 SCD-HeFTでは中等度、重度の心不全があり、左心機能低下(EF値=35%以下)がある2521人を対象とした。これを3分の1ずつICD、抗不整脈薬、プラセボの3群に無作為に割り付けた。すべての患者は通常の心不全治療に用いられるACE阻害薬、β遮断薬、利尿薬、スタチン、アスピリンなどの投薬を含む標準的な治療を受けることができるようにした。一次エンドポイントは総死亡の相対リスクである。

 約5年間の追跡の結果、プラセボ群に対するアミオダロン群の相対リスクは1.06(0.86〜1.30)で有意差が得られなかった。これに対してICD群では相対リスクが0.77倍(0.62〜0.96)となり、プラセボ群に対して総死亡を23%有意に減少させた。

 Bardy氏は、「試験に参加した患者はACE阻害薬、ARB、β遮断薬、スタチンなどの投薬による適切な治療を受けている、ICD治療群ではその上でさらに死亡リスクが減少した形であり、有効性が確認された」としている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トランプ氏に学ぶ!?脂漏性皮膚炎の診かた 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:5
  2. 57歳男性。動悸、呼吸困難 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. もういいッ…!休めッ…! 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:137
  4. ブランク10年の看護師の一言に青ざめた患者 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:34
  5. 「これはやばそうだ」という直感を磨くには 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:29
  6. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:293
  7. X線透視が不要なカテーテル手術を実現 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:214
  8. ハーボニー偽造品が東京都で新たに9本発見 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:539
  9. 25歳男性。胸痛 日経メディクイズ●救急
  10. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:434