2004.03.11

【ACC2004速報】 埋め込み型除細動器治療で心不全患者の心停止死亡リスクが23%減少:SCD-HeFT試験

 心不全患者に対する埋め込み型除細動器(ICD)と抗不整脈薬アミオダロンの効果を検証した大規模臨床試験「SCD-HeFT(Sudden Cardiac Death in Heart Failure Trial)」の結果が報告され、ICDは総死亡リスクを減少させ、抗不整脈薬は効果なし、という結果が発表された。3月8日の口演Late Breaking Clinical Trialセッションで米Seattle心臓研究所のGust H. Bardy氏が報告した。

 SCD-HeFTでは中等度、重度の心不全があり、左心機能低下(EF値=35%以下)がある2521人を対象とした。これを3分の1ずつICD、抗不整脈薬、プラセボの3群に無作為に割り付けた。すべての患者は通常の心不全治療に用いられるACE阻害薬、β遮断薬、利尿薬、スタチン、アスピリンなどの投薬を含む標準的な治療を受けることができるようにした。一次エンドポイントは総死亡の相対リスクである。

 約5年間の追跡の結果、プラセボ群に対するアミオダロン群の相対リスクは1.06(0.86〜1.30)で有意差が得られなかった。これに対してICD群では相対リスクが0.77倍(0.62〜0.96)となり、プラセボ群に対して総死亡を23%有意に減少させた。

 Bardy氏は、「試験に参加した患者はACE阻害薬、ARB、β遮断薬、スタチンなどの投薬による適切な治療を受けている、ICD治療群ではその上でさらに死亡リスクが減少した形であり、有効性が確認された」としている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:45
  2. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:49
  3. 死亡診断「肺炎」の7割が直接の死因は衰弱や老衰 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:119
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  5. 高齢者肺炎の嚥下機能を簡単に評価できるスケール開… 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:143
  6. 「施設」ってこんなに種類があるの!? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:50
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 3点だけ押さえたい、新研修医・ナースへの接し方 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:6
  9. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:30
  10. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1