2004.03.11

PCI後、「ASA」「β遮断薬」「ACE阻害薬」「スタチン」の積極的処方を

 「経皮的冠動脈インターベンション(PCI)後、低容量アスピリン(ASA)、β遮断薬、ACE阻害薬とHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)を併用すると最も生命予後が良好である」という観察研究が3月9日のポスターセッション「治療の結果」で報告された。米国University of MichiganのBrahmajee K. Nallamthu氏らが、「エビデンスに基づく治療(EBM:Evidence-Basedd Therapy )スコア」で評価した結果だ。

 Nallamthu氏らは、1997年7月1日から2001年10月1日までにUniversity of Michiganにて初回PCIを施行した連続2311例の生命予後を、EBMスコア別に評価した。EBMスコアとは、退院時の処方に、「ASA」、「β遮断薬」、「ACE阻害薬」、「スタチン」が含まれているとそれぞれにつき1ポイントを加えた和で、4剤とも処方されていればEBMスコアは「4」となる。

 PCI例の78%はステントを留置されており、75%がGPIIb/IIIaを使用していた。退院時の背景を見ると、平均年齢63歳(女性33%)、63%が高血圧、26%が糖尿病、11%が慢性心不全、6%が慢性閉塞性肺疾患を合併していた。退院時のEBMスコアは、211例が「0〜1」、1530例が「2〜3」、540例が「4」だった。

 退院後、平均344日(±225日)間の生存率をEBMスコア別に比較すると、EBMスコア「2〜3」群と「4」群の生存率は同等でほぼ80%だったが「0〜1」群では75%を下回り、有意に低かった。また、ロジスティック分析を行うと、EBMスコア「1」の増加により「死亡」の相対リスクは0.78(95%信頼区間:0.66〜0.92)となり、「EBMスコア」の増加は生存率改善の有意な因子であると明らかになった。

 これらの結果を踏まえNallamthu氏らは、PCI例の退院後管理におけるASA、β遮断薬、ACE阻害薬とスタチンの積極的な処方を訴えていた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:312
  2. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが… FBシェア数:22
  3. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:139
  4. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:502
  7. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:13
  8. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:174
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  10. 医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声 記者の眼 FBシェア数:27