2004.03.11

PCI後、「ASA」「β遮断薬」「ACE阻害薬」「スタチン」の積極的処方を

 「経皮的冠動脈インターベンション(PCI)後、低容量アスピリン(ASA)、β遮断薬、ACE阻害薬とHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)を併用すると最も生命予後が良好である」という観察研究が3月9日のポスターセッション「治療の結果」で報告された。米国University of MichiganのBrahmajee K. Nallamthu氏らが、「エビデンスに基づく治療(EBM:Evidence-Basedd Therapy )スコア」で評価した結果だ。

 Nallamthu氏らは、1997年7月1日から2001年10月1日までにUniversity of Michiganにて初回PCIを施行した連続2311例の生命予後を、EBMスコア別に評価した。EBMスコアとは、退院時の処方に、「ASA」、「β遮断薬」、「ACE阻害薬」、「スタチン」が含まれているとそれぞれにつき1ポイントを加えた和で、4剤とも処方されていればEBMスコアは「4」となる。

 PCI例の78%はステントを留置されており、75%がGPIIb/IIIaを使用していた。退院時の背景を見ると、平均年齢63歳(女性33%)、63%が高血圧、26%が糖尿病、11%が慢性心不全、6%が慢性閉塞性肺疾患を合併していた。退院時のEBMスコアは、211例が「0〜1」、1530例が「2〜3」、540例が「4」だった。

 退院後、平均344日(±225日)間の生存率をEBMスコア別に比較すると、EBMスコア「2〜3」群と「4」群の生存率は同等でほぼ80%だったが「0〜1」群では75%を下回り、有意に低かった。また、ロジスティック分析を行うと、EBMスコア「1」の増加により「死亡」の相対リスクは0.78(95%信頼区間:0.66〜0.92)となり、「EBMスコア」の増加は生存率改善の有意な因子であると明らかになった。

 これらの結果を踏まえNallamthu氏らは、PCI例の退院後管理におけるASA、β遮断薬、ACE阻害薬とスタチンの積極的な処方を訴えていた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1