2004.03.11

PCI後、「ASA」「β遮断薬」「ACE阻害薬」「スタチン」の積極的処方を

 「経皮的冠動脈インターベンション(PCI)後、低容量アスピリン(ASA)、β遮断薬、ACE阻害薬とHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)を併用すると最も生命予後が良好である」という観察研究が3月9日のポスターセッション「治療の結果」で報告された。米国University of MichiganのBrahmajee K. Nallamthu氏らが、「エビデンスに基づく治療(EBM:Evidence-Basedd Therapy )スコア」で評価した結果だ。

 Nallamthu氏らは、1997年7月1日から2001年10月1日までにUniversity of Michiganにて初回PCIを施行した連続2311例の生命予後を、EBMスコア別に評価した。EBMスコアとは、退院時の処方に、「ASA」、「β遮断薬」、「ACE阻害薬」、「スタチン」が含まれているとそれぞれにつき1ポイントを加えた和で、4剤とも処方されていればEBMスコアは「4」となる。

 PCI例の78%はステントを留置されており、75%がGPIIb/IIIaを使用していた。退院時の背景を見ると、平均年齢63歳(女性33%)、63%が高血圧、26%が糖尿病、11%が慢性心不全、6%が慢性閉塞性肺疾患を合併していた。退院時のEBMスコアは、211例が「0〜1」、1530例が「2〜3」、540例が「4」だった。

 退院後、平均344日(±225日)間の生存率をEBMスコア別に比較すると、EBMスコア「2〜3」群と「4」群の生存率は同等でほぼ80%だったが「0〜1」群では75%を下回り、有意に低かった。また、ロジスティック分析を行うと、EBMスコア「1」の増加により「死亡」の相対リスクは0.78(95%信頼区間:0.66〜0.92)となり、「EBMスコア」の増加は生存率改善の有意な因子であると明らかになった。

 これらの結果を踏まえNallamthu氏らは、PCI例の退院後管理におけるASA、β遮断薬、ACE阻害薬とスタチンの積極的な処方を訴えていた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:127
  2. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:64
  3. CT読影レポートの見落し、どうすれば防げる? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:62
  4. 55歳女性。両眼瞼の掻痒、発赤腫脹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:38
  6. 新しい外来診察室で働き方が変わる ケーススタディ◎グッドデザイン賞を受賞した「ユニバーサル外来」 FBシェア数:7
  7. 50代男性「肺炎が治らない」で注意すべきは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  8. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:129
  9. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正