2004.03.11

FDAが慢性腎不全による副甲状腺亢進症などの治療薬を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は3月8日、慢性腎不全による副甲状腺亢進症や副甲状腺癌による高カルシウム血症の治療薬、Sensipar (成分名:cinacalcet)を承認した。「calcimimetics」という新しいクラスの薬として、FDAの承認を受けるのはこれが初めてという。

 Cinacalcetは、慢性腎不全で透析を受けている人の二次性副甲状腺亢進症や、副甲状腺癌による血清カルシウム値の上昇が治療の対象となる。

 Cinacalcetを投与することで、副甲状腺ホルモンを引き下げると同時に、血中のカルシウムとリンの濃度を示す、カルシウム・イオン値とリン・イオン値を掛け合わせた値も低下させる作用があるという。

 透析を受けている慢性腎不全の患者合わせて1000人超に対し、三つの6カ月に渡る治験を行った結果、最も多くみられた副作用は吐き気と嘔吐で、治療群のそれぞれ31%と27%、対照群のそれぞれ19%と15%で報告された。また治療群では、多くの患者に低血清カルシウム値がみられた。そこで、cinacalcet投与の際には、カルシウム値のモニタリングを頻繁に行うよう勧めている。

 Cinacalcetの販売元は、Amgen社(カリフォルニア州Thousand Oaks)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
  2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
  6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
  10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466