2004.03.11

FDAが慢性腎不全による副甲状腺亢進症などの治療薬を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は3月8日、慢性腎不全による副甲状腺亢進症や副甲状腺癌による高カルシウム血症の治療薬、Sensipar (成分名:cinacalcet)を承認した。「calcimimetics」という新しいクラスの薬として、FDAの承認を受けるのはこれが初めてという。

 Cinacalcetは、慢性腎不全で透析を受けている人の二次性副甲状腺亢進症や、副甲状腺癌による血清カルシウム値の上昇が治療の対象となる。

 Cinacalcetを投与することで、副甲状腺ホルモンを引き下げると同時に、血中のカルシウムとリンの濃度を示す、カルシウム・イオン値とリン・イオン値を掛け合わせた値も低下させる作用があるという。

 透析を受けている慢性腎不全の患者合わせて1000人超に対し、三つの6カ月に渡る治験を行った結果、最も多くみられた副作用は吐き気と嘔吐で、治療群のそれぞれ31%と27%、対照群のそれぞれ19%と15%で報告された。また治療群では、多くの患者に低血清カルシウム値がみられた。そこで、cinacalcet投与の際には、カルシウム値のモニタリングを頻繁に行うよう勧めている。

 Cinacalcetの販売元は、Amgen社(カリフォルニア州Thousand Oaks)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:159
  4. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:52
  5. 「学会の指針を転載したら金を払え」は正当か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:127
  6. その図表、そんなタイトルじゃ伝わりませんよ 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:37
  7. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:138
  8. 病理、リハビリテーション科、臨床検査の研修プログ… Cadetto Special●新専門医制度、各科の動向 FBシェア数:24
  9. 慢性的な膝の痛みに効く漢方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」 FBシェア数:19
  10. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:169
医師と医学研究者におすすめの英文校正