2004.03.11

FDAが慢性腎不全による副甲状腺亢進症などの治療薬を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は3月8日、慢性腎不全による副甲状腺亢進症や副甲状腺癌による高カルシウム血症の治療薬、Sensipar (成分名:cinacalcet)を承認した。「calcimimetics」という新しいクラスの薬として、FDAの承認を受けるのはこれが初めてという。

 Cinacalcetは、慢性腎不全で透析を受けている人の二次性副甲状腺亢進症や、副甲状腺癌による血清カルシウム値の上昇が治療の対象となる。

 Cinacalcetを投与することで、副甲状腺ホルモンを引き下げると同時に、血中のカルシウムとリンの濃度を示す、カルシウム・イオン値とリン・イオン値を掛け合わせた値も低下させる作用があるという。

 透析を受けている慢性腎不全の患者合わせて1000人超に対し、三つの6カ月に渡る治験を行った結果、最も多くみられた副作用は吐き気と嘔吐で、治療群のそれぞれ31%と27%、対照群のそれぞれ19%と15%で報告された。また治療群では、多くの患者に低血清カルシウム値がみられた。そこで、cinacalcet投与の際には、カルシウム値のモニタリングを頻繁に行うよう勧めている。

 Cinacalcetの販売元は、Amgen社(カリフォルニア州Thousand Oaks)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172