2004.03.09

細血管における薬剤溶出ステント使用で再狭窄が80%減少:SES-SMART試験が報告

 シロリムス溶出ステントは細い冠動脈の再還流にも有効という無作為化試験「SES-SMART」( A randomized comparison of a Sirolimus-Eluting and an uncoated Stent in the Prevention of restenosis in SMall coronary ARTeries )の結果が、3月7日のLate Breaking Clinical Trialセッションで報告された。直径2.75mm以下の細血管に対するシロリムス溶出ステントの適用は通常の金属ステントに比べ、8カ月後の再狭窄が80%減少したという。

 イタリアParma大学のDiego Ardissino氏らは、2.75mm以下の冠動脈に狭窄がある257人をシロリムス溶出ステントによる治療(129人)と通常の金属ステントによる治療(128人)に無作為割り付け8カ月後の同一部位の再狭窄を1次エンドポイントとして、両者の成績を比較した。その結果、シロリムス溶出ステント治療群(123人)では再狭窄の発生が9.8%だったのに対して、金属ステント群(113人)では53.1%と統計的有意な大差がついた。死亡、心筋梗塞を含む重大な心血管疾患の発生でも、シロリムス溶出ステント群が12人(9.3%)だったのに対して、金属ステント群では40人(31.3%)と有意な差が得られた。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  2. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  3. オペ時の血糖はやはり7%まで下げるべき? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:85
  4. 21歳女性、突然の腹痛の原因は心臓にあった! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:35
  5. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:31
  6. 潰瘍性大腸炎に初の体外診断薬、その実力は? リポート◎再燃の早期発見に威力、内視鏡検査の頻度を減らす効果も FBシェア数:7
  7. 自分の家で、この子を抱きしめて川の字で寝たい 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:128
  8. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:180
  9. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  10. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:503