2004.03.09

肝腎排泄型ACE阻害薬は合併症のない微量アルブミン尿を改善する

 高血圧・脂質代謝障害を有さない微量アルブミン尿陽性例が肝腎排泄型ACE阻害薬とプラバスタチンを併用すると、顕性蛋白尿出現が有意に抑制されるが、それは主としてACE阻害薬に作用によることが大規模試験PREEVND-IT(Prevention of REnal and Vasucular ENdstage Disease Intervention Trial)のサブ解析で明らかになった。オランダUniversity of GroningenのFolkert W. Asselbergs氏らが3月7日のポスターセッション「Treatment of Atherosclerosis and Thrombosis」にて明らかにした。

 PREEVND-ITは、平均血圧130/76mmHg、総コレステロール値223mg/dlで微量アルブミン尿(平均22.9mg/日)を認める854例を、「肝腎排泄型ACE阻害薬ないしプラセボ」と「プラバスタチンないしプラセボ」に無作為割り付けした2×2デザインの無作為割り付け試験。微量アルブミン尿陽性例を対象とした大規模試験としてはきわめて低リスク例を対象としており、糖尿病合併例は3%弱のみである。また、心血管系イベント既往例は3.2%、循環器治療薬服用も4.8%だけだった。

 4年3カ月の追跡期間後、ACE阻害薬は心・腎血管系予後をプラセボに比べ有意に改善し、プラバスタチン群は予後に影響を与えないことが、昨年の米国心臓協会(AHA)にて報告されている。

 今回のサブスタディでは、ACE阻害薬、プラバスタチンが腎機能に及ぼす影響が検討された。その結果、ACE阻害薬群の尿中アルブミン排泄量(中央値)は、試験開始時に比べ24%有意に減少し、さらに、ACE阻害薬群の18.3%では、アルブミン排泄量が50%以上減少していた。一方、プラバスタチン群のアルブミン排泄量は増加も減少も認めず、脂質代謝正常例においてはニュートラルであることが明らかになった。

 しかし、ACE阻害薬群においても、61%の患者ではアルブミン排泄量が15mg/日以下には低下しておらず、このような早期からの積極的治療にもかかわらず、Asselbergs氏ら「多くの例が、ハイリスクにとどまっている」と注意を喚起していた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2