2004.03.09

肝腎排泄型ACE阻害薬は合併症のない微量アルブミン尿を改善する

 高血圧・脂質代謝障害を有さない微量アルブミン尿陽性例が肝腎排泄型ACE阻害薬とプラバスタチンを併用すると、顕性蛋白尿出現が有意に抑制されるが、それは主としてACE阻害薬に作用によることが大規模試験PREEVND-IT(Prevention of REnal and Vasucular ENdstage Disease Intervention Trial)のサブ解析で明らかになった。オランダUniversity of GroningenのFolkert W. Asselbergs氏らが3月7日のポスターセッション「Treatment of Atherosclerosis and Thrombosis」にて明らかにした。

 PREEVND-ITは、平均血圧130/76mmHg、総コレステロール値223mg/dlで微量アルブミン尿(平均22.9mg/日)を認める854例を、「肝腎排泄型ACE阻害薬ないしプラセボ」と「プラバスタチンないしプラセボ」に無作為割り付けした2×2デザインの無作為割り付け試験。微量アルブミン尿陽性例を対象とした大規模試験としてはきわめて低リスク例を対象としており、糖尿病合併例は3%弱のみである。また、心血管系イベント既往例は3.2%、循環器治療薬服用も4.8%だけだった。

 4年3カ月の追跡期間後、ACE阻害薬は心・腎血管系予後をプラセボに比べ有意に改善し、プラバスタチン群は予後に影響を与えないことが、昨年の米国心臓協会(AHA)にて報告されている。

 今回のサブスタディでは、ACE阻害薬、プラバスタチンが腎機能に及ぼす影響が検討された。その結果、ACE阻害薬群の尿中アルブミン排泄量(中央値)は、試験開始時に比べ24%有意に減少し、さらに、ACE阻害薬群の18.3%では、アルブミン排泄量が50%以上減少していた。一方、プラバスタチン群のアルブミン排泄量は増加も減少も認めず、脂質代謝正常例においてはニュートラルであることが明らかになった。

 しかし、ACE阻害薬群においても、61%の患者ではアルブミン排泄量が15mg/日以下には低下しておらず、このような早期からの積極的治療にもかかわらず、Asselbergs氏ら「多くの例が、ハイリスクにとどまっている」と注意を喚起していた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:467
  2. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:2
  3. 看護師がI.C.に同席し患者の理解をサポート 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編3》 FBシェア数:14
  4. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:170
  5. 三環系抗うつ薬:うつ以外への処方も広がる NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:3
  7. 非専門領域の新薬、いつから使う? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:4
  8. 説明同意文書に死亡リスクを具体的に記載 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編2》 FBシェア数:62
  9. 裁判所が求めるインフォームド・コンセントとは 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:144
  10. 主治医は言い訳をせずに真実をしっかり伝えよ 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編1》 FBシェア数:146