2004.03.09

肝腎排泄型ACE阻害薬は合併症のない微量アルブミン尿を改善する

 高血圧・脂質代謝障害を有さない微量アルブミン尿陽性例が肝腎排泄型ACE阻害薬とプラバスタチンを併用すると、顕性蛋白尿出現が有意に抑制されるが、それは主としてACE阻害薬に作用によることが大規模試験PREEVND-IT(Prevention of REnal and Vasucular ENdstage Disease Intervention Trial)のサブ解析で明らかになった。オランダUniversity of GroningenのFolkert W. Asselbergs氏らが3月7日のポスターセッション「Treatment of Atherosclerosis and Thrombosis」にて明らかにした。

 PREEVND-ITは、平均血圧130/76mmHg、総コレステロール値223mg/dlで微量アルブミン尿(平均22.9mg/日)を認める854例を、「肝腎排泄型ACE阻害薬ないしプラセボ」と「プラバスタチンないしプラセボ」に無作為割り付けした2×2デザインの無作為割り付け試験。微量アルブミン尿陽性例を対象とした大規模試験としてはきわめて低リスク例を対象としており、糖尿病合併例は3%弱のみである。また、心血管系イベント既往例は3.2%、循環器治療薬服用も4.8%だけだった。

 4年3カ月の追跡期間後、ACE阻害薬は心・腎血管系予後をプラセボに比べ有意に改善し、プラバスタチン群は予後に影響を与えないことが、昨年の米国心臓協会(AHA)にて報告されている。

 今回のサブスタディでは、ACE阻害薬、プラバスタチンが腎機能に及ぼす影響が検討された。その結果、ACE阻害薬群の尿中アルブミン排泄量(中央値)は、試験開始時に比べ24%有意に減少し、さらに、ACE阻害薬群の18.3%では、アルブミン排泄量が50%以上減少していた。一方、プラバスタチン群のアルブミン排泄量は増加も減少も認めず、脂質代謝正常例においてはニュートラルであることが明らかになった。

 しかし、ACE阻害薬群においても、61%の患者ではアルブミン排泄量が15mg/日以下には低下しておらず、このような早期からの積極的治療にもかかわらず、Asselbergs氏ら「多くの例が、ハイリスクにとどまっている」と注意を喚起していた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97