2004.03.09

【連載:がんの治療成績を読む】 その11 初公開! 主要23施設の1〜5年生存率推移  1年目の成績格差が5年目にさらに拡大、低い施設はますます下がる

 今回は前回の施設別生存率に関して、1年生存率から5年生存率への変化を見る。<表1>は、全国がん(成人病)センター協議会に加盟する23施設の成績について1年から5年まで1年刻みの生存率だ。<図1>はそれを図示したものだ。

 <表2>は、男性に関する同様の生存率の推移表。<図2>はそのグラフ。<表3>は女性に関する推移表で、<図3>はそのグラフだ。

 これらの表とグラフを見ると、以下の点が明らかだ。

1)1年生存率が高い施設は5年生存率も高い。
2)1年生存率が低い施設は5年生存率も低い。
3)1年生存率から5年生存率への下がり方は、1年生存率が低い施設の方が著しい。

 ただし、中には全体傾向と異なる変化動向を示す施設もある。

 男女計、男性のみ、女性のみ、いずれの1〜5年生存率推移においても、1.滋賀県立成人病センターの下がり方が少ない、2.国立名古屋病院の下がり方が少ない、3.岩手県立中央病院の下がり方が大きい ――といった傾向が見て取れる。

 全体としては、1年生存率を高めることが、生存率全体を向上するために重要であることが分かる。

(埴岡健一、日経メディカル

*随時掲載ですが、当面は毎日掲載する予定です。
*読者からの情報提供をお待ちしています。癌の治療成績に関するデータやご意見があれば、お寄せください。今後の連載の参考にさせていただきます。
宛先:khanioka@nikkeibp.co.jp

■<連載目次へ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アロハに仮装…あえて道化を演じる病院長の思い 記者リポート FBシェア数:244
  2. 労基署に踏み込まれる前に医療界がすべきこと 全国自治体病院協議会会長の邉見公雄氏に聞く FBシェア数:653
  3. 肺野陰影の濃度差はなぜ生じるのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  4. 米高血圧ガイドライン改訂、基準値130/80に 学会トピック◎第66回米国心臓協会学術集会(AHA2017) FBシェア数:81
  5. 初期臨床研修のローテ、7科必修に戻るらしいよ 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:23
  6. ARB:アジルバ躍進、オルメテック抜き首位に NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  7. 画像の異常所見は肉眼でも見てみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:0
  8. 「骨盤矯正」「肩甲骨剥がし」って何なんだ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:773
  9. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:42
  10. 72歳女性。左下肢痛、何を想起すべき? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:2