2004.03.09

【ACC2004速報】 薬剤溶出ステントをバルーン拡張なしで留置するDIRECT試験、糖尿病患者で顕著な好成績

 バルーン拡張を行わずにステントを留置する手法は、薬剤溶出ステントでは薬剤がこすりとられてしまうので不適切−−。こんな常識を覆す最新の研究成果が3月7日のLate Breaking Clinical Trialセッションで報告され、注目を浴びた。処置後8カ月のフォローアップで比較した場合、あらかじめバルーン拡張する方式と比べて同等か、むしろ良い成績が得られ、特に糖尿病患者では再狭窄が激減しており、実用化への期待が高まっている(詳細はこちらへ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ポストがない…転職に動く「外様」医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:60
  2. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 特養の嘱託医、頑張るほど「持ち出し」の現実 記者の眼 FBシェア数:56
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 感染対策もオシャレに わかる!院内感染対策 FBシェア数:10
  7. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  8. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:17
  9. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:9
  10. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0